Entries

『酔っ払いの独り言 前編(全三話)』と野郎フェス






アマゾンkindleストアにて配信はじまりました。


『酔っ払いの独り言 前編(全三話)』

  ★★★★★

 二人そろってシャワーを浴びると、私たちは裸のままベッドへ行った。私一人でも狭いベッドに、身を寄せ合って潜り込む。腕枕をしてやると、案外素直に抱かれてくれた。枕元から煙草をとって口にくわえた。火をつけたところで手が伸びてきて、横取りされた。
「押しつぶされたくなかったらって……」
 彼が煙草を吸いながら言った。私が取り返して口にくわえ吸い込むと、すぐにまた横取りされてしまう。
「あれ、脅迫だよな」
彼は笑っていた。私はもう一本新しいのを口にくわえようとした。すると彼が火のついたのを私の口に差し込んできた。
「なに笑ってる?」
「だから、さっき言ってたろ」
「俺が?」
「そうだよ、押しつぶされたくなかったら自分で乗ってこいって」
「ああ、あれか」
「自分の体を武器にしてるんだな」
 彼はおかしそうにクスクス笑っていた。私も付き合って少し苦笑した。それから急に、二人とも黙り込んだ。部屋の中がシンと静まりかえる。彼が私の唇から煙草をとって一息吸い込み、そのまま私を見た。腕枕をしているのだから、本当に目と鼻の先だ。キスしてやろうか、と思ったが、彼の真剣な表情を見て、息を詰めた。
 今この時こそ、大事な瞬間なのだ。お互いに、今、目の前にいるのはどんな奴なんだろう、一度は寝たものの、山のものとも海のものともつかん、と吟味する瞬間である。そしてかすかな、望み薄な希望を相手の顔の中に探している。
 こんな時は下手に笑ったりしてはいけない。笑いは諦めを意味することが多い。どうせダメならせめて笑って別れよう大人なんだから、というやつである。俺はそういうのが大嫌いだ。
 だから私はよく怒ったような顔をしてしまう。どんな顔をしていいのかわからず、睨むように見つめてしまう。そんな私の顔を、彼はやさしく撫でてくれた。長年付き合った連れ合いを慈しむように、そっと撫でてくれた。そうして、決して大人ぶるのではなく、心からの笑顔を見せてくれた。そうだ、こういう顔じゃなきゃいけない。
 私も笑ってキスをした。むさぼるようなのじゃなく、いたわり合うようなのをだ。私は思った。こいつこそ、と。どこかのロックバンドが「you are the one……」と歌っていたが、そのせつないメロディが頭の中に流れ出す。泣いてしまいそうだ、と考えている間に、酔いが戻ってきたのかグルグルと目の前がまわり、眠りの谷底へと急降下した。

  ★★★★★


 浴びるように酒を飲む落ちぶれた中年作家。
 若い頃に書いた数本の作品がカルト的人気を誇るが、その後は鳴かず飛ばずで世の中からは忘れさられている。
 そんな冴えない中年男が気晴らしにやってきた売り専バー。
 カウンターの向こうに並ぶ若い売り専たちの中で、見栄えはするが変わり者の一人を気に入り、体を重ねる。
 事後も甘い雰囲気でいい気分だったが、翌朝、目が覚めると、十年書きためた未発表原稿とともに売り専男は消えていた……。


 初出『ジーメン』

 全三話のうちの第一話。

 ゲイ官能小説。








6月10日の野郎フェスで新刊同人誌が二冊出る予定です。

けもケットで出した『BRUNO』の続編、
というか、外伝ぽい感じのものが一冊。
外伝と言っても前作と同じくらいボリューミー。

それと、
『犬極道』シリーズの新作もあります。
こちらも外伝的な感じ。
前作の『犬極道III』でレ◯プされていた中年白人シェフ、
バード(太ってて巨漢)が主役です。



場所はスペースD35です。

くわしいことはまた改めておしらせします。





『BRUNO Vol.1』






アマゾンkindleストアにて配信開始しました。


『BRUNO Vol.1』


   ★ ★ ★

 揺り起こされて目が覚めた。レオは何度も瞬きをして、自分を覗きこんでいるワニの獣人の顔を見上げた。いかつい顔をしているが、なにかとレオの世話を焼いてくれている。なんて名前だったかな?とレオは考えた。そう、グスタフ。グスタフ・バウアーとか言っていた。
 レオは船に乗っていた。魔法で宙に浮き、すべるように砂漠の上を走る船だった。甲板の隅で居眠りをしていて、どのくらい時間が経ったのかわからない。生まれ育ったトラゴ・タルパンを出てもう三日目ということだけは確かだが……。
「見えてきたぞ」
 グスタフが船首の向こうを指さしていた。レオは起き上がって目を細めた。荷物の影で眠っていたせいで、砂の海のまぶしさに目の慣れるまで時間がかかった。
「……あ」
 広い砂漠の先に王都アストゥリアスの威容が見えていた。
 地平線の右から左まで、見渡すかぎり城壁が続いていた。目をこらしても、その端は靄がかかりはっきりしない。長大な城壁の向こうに石造りの建物が何百、何千とつらなっていて、そのどれもが天に届きそうなほどに高かった。そしてアストゥリアスの背後にはさらに巨大な山脈がそびえていた。
 レオは息を飲んだ。
 アストゥリアスのことは幼い頃から大人たちに聞かされていたが、ここまで大きいとは思わなかった。王都があまりに巨大なので、その姿は見えていても、城壁にたどり着くまでにまだ数時間は砂の上を飛んでいく必要がありそうだった。
 同じ船に乗るベスティアたちも甲板に出てきて、アストゥリアスを指さしてなにやら言葉を交わし合っていた。初めてでなくとも、見る度に王都の威容は獣たちの気を騒がせるらしい。
「アストゥリアスにくるのは初めてか?」
 グスタフが聞いた。
「うん」
 レオがうなずくと、グスタフは満足げにその長い口の端を持ち上げた。王都を誇りに思っているのがその表情から伝わってくる。レオが聞いた。
「親父もあそこにいるのか?」
「ああ、後で会わせてやる」
「聞いただけだ。べつに会いたくねえよ」
 グスタフはなにか言いかけるが、結局黙り込んだ。レオが父ブルーノに反感を抱いているのはこの三日間で船中に知れ渡っていた。
 それからさらに二時間の後、船はようやく砂漠を越え、アストゥリアスの門にたどり着いた。

   ★ ★ ★

 戦士の血が雄を求めるのか――。
 広大な砂漠に囲まれた王都アストゥリアス。様々な獣人たちの暮らすこの王国は巨大で栄華を極めているが、近年、国の周辺を化け物に脅かされていた。
  獅子の獣人ブルーノは王国を守るベスティアの戦士として名を馳せている。その息子レオドールは長らく父と疎遠だったが、運命のいたずらで父と同じベスティアに……。
 戦うごとに雄の血を騒がせ、求め合うケモノたちの物語。
 14匹の雄々しいケモノたちが登場。一大叙事詩の幕開け。



けもケット(2017/5)にて発表の同人誌『BRUNO』のKindleバージョンとなります。

紙版とは挿絵の点数、種類などがちがいます。
オリジナルバージョンの電子版をお求めの方はデジケット様にてどうぞ。

書き下ろしのゲイ官能小説。

『BRUNO 設定イラスト集 sideB & L』も収録されております。

原案 Hide&Seek
イラスト エンボス
小説 小玉オサム

(僕の書き下ろしというより三者合作の読み物となっております。)
















ゲイ雑誌『バディ』さまに僕の小説掲載していただいております。(7月号)

タイトルは『アナウンサーの欲しがる口』

挿絵は市川和秀先生です。

イケメンアナウンサーなのに奉仕奴隷願望が強くて……、
というドロッとしたお話。
ちょっと変態ぽいエロ小説です。











野郎フェス用の原稿をここのところ色々書いてるので、
kindleやデジケットでの書き下ろしが後回しになってます。
すいません。

そういうのが一段落したら
蛍シリーズがまだ数作続く予定です。

デジケットでのショタ書き下ろしも、
あと二作はネタが決まってるので、はやく書きたい。





『夫同士 後編(全三話)』 『BRUNO』デジタル完全版






アマゾンKindleストアにて配信はじまりました。


『夫同士 後編(全三話)』



   ★ ★ ★

 バーカウンターの陰で、私は厚木さんの手を握りしめた。ごつごつとした大きな手、男の手だ。こんな手をただ握りしめるだけではなんとも思わないが、手を握った時の厚木さんの顔を見るのが好きなのだ。酒を飲んでいるのだから赤らんでいるわけだが、手を握ってやると首筋まで赤くなるのだった。そして手を握った瞬間は必ず目をそらし、照れた様子を見せる。その後、情熱的ともいえる潤んだ目つきでまっすぐと私の目を見つめ返してくる……。
 夜の街に出ると、私は千鳥足で歩く厚木さんの耳元に言った。
「キスしたい、今、ここで。厚木さん、キスされるの好きだろう?」
 厚木さんはニヤニヤ笑って返してくる。
「されるされる言われると、なんだかいつも受け身みたいだなあ」
「嫌なのかい?」
「……いいや。俺はこういう見た目だから、こんな風に扱ってもらったことないんだ、うれしいな」
「そうか、じゃあ、キスしよう」
「あ? ここで?」
「そうだ」
「だって人が見てるぞ」
「酔っぱらいなんだ、男同士でキスしたってへんに思われないさ。よくいるだろう、そういうのが」
「そりゃそうだけど……」
「いいからほら」
 厚木さんの太い首筋に手を回して引き寄せた。ブツブツ言っていた割に素直に身を寄せてくる。唇を重ね、舌と舌を絡ませた。夜になって伸びた髭が少し痛い。酔っているとはいえ、繁華街のど真ん中で、男二人がキスをするのだ。私は興奮し、熱くなって顔をはなした。厚木さんも頬を火照らせているが、妙に満足した様子でニヤニヤ笑っている。辺りを見回したが、やはり誰も酔っぱらい中年男の絡み合いなどに注目していなかった。少し残念なくらいだが、愉快な気分で笑い出した。厚木さんも声をたてて笑った。

   ★ ★ ★


 倦怠期を迎えた中年の夫婦。
 偶然誘われた夫婦交換の乱交パーティに参加し、そこで出会った自分たちと似たような夫婦と親しくなる。
 夫同士は仕事での付き合いもあることがわかり、男同士の性の冒険へ乗り出す。しかしやがて自分たちの行き着く先を見据えて不安を覚えるように……。


 ゲイ官能小説。

 初出『ジーメン』。三回連載だったものの三話目。最終話。








[Hide&Seek] の【BRUNO Vol.1】


デジケット様にて配信はじまりました。

『BRUNO』


戦士の血が雄を求めるのか――。
広大な砂漠に囲まれた王都アストゥリアス。様々な獣人たちの暮らすこの王国は巨大で栄華を極めているが、近年、国の周辺を化け物に脅かされていた。
? 獅子の獣人ブルーノは王国を守るベスティアの戦士として名を馳せている。その息子レオドールは長らく父と疎遠だったが、運命のいたずらで父と同じベスティアに……。
戦うごとに雄の血を騒がせ、求め合うケモノたちの物語。
14匹の雄々しいケモノたちが登場。一大叙事詩の幕開け。



けもケットにて発表の同人誌のデジタル版になります。
今度の金曜辺りからKindleでも配信の予定ではありますが、
規制の問題もありまして挿絵の点数などかなり減る形に。
なので完全版はデジケットでどうぞ。






[Hide&Seek] の【BRUNO 設定イラスト集 Side B&L】


こちらもデジケット様で配信。


サークルHide&Seek発刊のファンタジーケモノ小説作品「BRUNO」に登場する
キャラクターの制作過程ラフを収録したイラスト本です。
「BRUNO 設定イラスト集 sideL」と「BRUNO 設定イラスト集 sideB」を合冊しました。
各キャラクターデザインの変遷にはテキストでの説明つき、描き下ろしのオマケページもあります。



こちらはイラスト集のデジタル版。
僕は直接関わっていませんが、『BRUNO』本編の世界を支えてくれる内容になっていますのでぜひ。




『夫同士 中編(全三話)』と『父と息子の性教育 全五話』








アマゾンKindleストアにて配信はじまりした。


『夫同士 中編(全三話)』



   ★ ★ ★

 ノックをすると待ちかまえていたようにドアが開いた。厚木さんは私の顔を一瞬凝視して、部屋の中へと身を引いた。ベッドは一つだが立派なソファセットのあるアポイントメント用の部屋のようだ。しかしそうは言っても現にベッドはあり、それもダブルベッドが一つしかないのだ。不意に、密会、という言葉が頭に浮かんだ。
 厚木さんは窓辺に立ちつくしていた。紺のクラシックなスーツをきちんと着込み、ネクタイもまっすぐ、頭もポマードでなでつけている。精一杯身綺麗にしたつもりなのだろう。案外、普段のラフな、男臭い自分に自信がないのかもしれない。
 私はドアに鍵をかけ、チェーンロックもつけた。すると厚木さんはパンと手を合わせ、無理に顔を笑わせて言った。
「とりあえず、コーヒーでも頼みますか。このホテルは飲み物も食い物もなかなかいいんだ。うちの会社じゃよく使ってる。ブラックでいいだろ?」
 厚木さんは私の横をすり抜けて、ベッドの枕元にある電話をとろうとした。私は何を言うべきか、なすべきかわからなかった。しかし体は反射的に動いて、厚木さんの腕をつかみ、口も勝手に動き出した。
「はっきり言ってくれ」
 厚木さんは目を細めて私の顔を振り返った。その顔を見て、自覚して口をきくことができた。
「我々は何をしようとしてるんだ? 私の考えてることと、厚木さんの考えてることは一緒だろう? それともこれは、仕事上の会議なのか?」
 厚木さんは顔を背けた。だが、そっと私の腕を握り返してきた。
「この間のパーティで、吉岡さん、あんたは一番前で俺のことを見てた」
「ああ」
「あんた……、勃ってたろ? 俺を見て、おっ勃ってた、そうだろ? 見えてたんだ、あんたが俺のことをよく見えてたように、俺だってあんたのことが見えてた」
「だからどうしたって言うんだ?」
「だから?」
「そうだ、私も熱くなってた、その通りだ、だからどうしたって言うんだ? 厚木さん、あなたはどうしたいんだ?」
 ほんの数秒か、それとも何分か経ったのかもしれない。とにかく私たちは無言で見つめ合っていた。厚木さんに発した問いはそのまま自分への問いだった。お前はどうしたいのか? しばらくして、厚木さんが静かな声で言った。
「吉岡さん、俺はあんたが欲しいんだ……」
 錯覚じゃなかった。私は目を見開いた。そして、……うなずいた。
 私たちはどちらともなくベッドに目をやった。ゆっくりと、腕を触れ合ったままベッドに二人並んで横たわる。私は厚木さんの顔を見つめていた。ヒゲの剃り跡濃い、男の顔を。厚木さんは唇を引き結び、目をそらす。思わず抱き寄せた。

   ★ ★ ★



 倦怠期を迎えた中年の夫婦。
 偶然誘われた夫婦交換の乱交パーティに参加し、そこで出会った自分たちと似たような夫婦と親しくなる。
 夫同士は仕事での付き合いもあることがわかり、ぎこちなくも、この年になって性の冒険へ乗り出した自らをさらけ出していく。そしてついに男二人でホテルをとり、密会を重ねるように……。


 ゲイ官能小説。

 初出『ジーメン』。三回連載だったものの二話目。











[小玉オサム文庫] の【父と息子の性教育 全五話】


デジケット様にて配信はじまりました。

『父と息子の性教育 全五話』


★ ★ ★

「やろうとしたけど、出なかった」
「普通にやったんだろ?」
「普通ってなに?」
「だからその……、友だちとはそういうこと話さないのか」
「友だちがしてるって話は聞いてるけど、自分じゃ話せないよ、恥ずかしいじゃんか」
こんなことを父親に話すなんてやっぱりおかしかったのかもしれない。自分がとても悪いことをしている気がしていた。
「とにかく、父さんに話してくれてよかった」
父さんがまっすぐ僕の顔を見つめていた。怒ってる感じじゃない。
「え?」
「父さんうれしいぞ」
「なに言ってんの?」
よくわからなかった。だけど、父さんがすごく気を遣ってくれているのはなんとなく伝わってきた。
「このこと、母さんには言わないでよ」
「わかってるって」
「信用していい?」
「もちろんだ。男同士の話だしな」
父さんは真面目な顔でうなずいていた。話してよかったと僕は思った。急に、父さんがすごくたのもしく見えてきた。味方になってくれたという感じがする。
だから思い切って言ってみたのだ。
「ねえ、父さんはちゃんと出るんだよね。……出すところ見せてくんない?」

★ ★ ★


お父さんにしか話せない息子の悩み。そして、年頃の息子を持つ父親の苦悩。
父と息子の性教育はどこに向かうのか……。



精通がこないと年頃の息子に相談され、苦悩する父親、鈴木。
息子のためと思い、せんずりのかき方を教えることになるが、かいてるところを見せても、かかせても息子がイカず、ついに父の手で息子に手ほどきをすることに……。(パート(1))

鈴木の同僚である山本もまた、実の息子から性の悩みを聞かされる。
息子は彼女もいて体の関係もあるらしいが、息子の性欲があまりにも強すぎて彼女一人では物足りないのだという。山本自身も妻を亡くして以来、女もつくらずせんずりもかかずの禁欲生活で、中年期にありながら夢精をくりかえしていた……。(パート(2))


二組の父と息子の物語。
性急に求める息子たちと戸惑いっぱなしの父親二人。
紆余曲折ありますが、はたして……。


アマゾンKindleストアにて書き下ろした、全五話のゲイ官能小説を一冊にまとめてあります。




★ ★ ★

親父は口の中に出しても嫌がらなくなった。(パート(4)より)

★ ★ ★


父と息子で手コキ、キス、フェラ、アナルといろいろやりますが、親子の信頼と愛が全編を貫いてます。いたって真面目な男たちの物語。








『BRUNO』のことはまた後日。





けもケット








 揺り起こされて目が覚めた。レオは何度も瞬きをして、自分を覗きこんでいるワニの獣人の顔を見上げた。いかつい顔をしているが、なにかとレオの世話を焼いてくれている。なんて名前だったかな?とレオは考えた。そう、グスタフ。グスタフ・バウアーとか言っていた。
 レオは船に乗っていた。魔法で宙に浮き、すべるように砂漠の上を走る船だった。甲板の隅で居眠りをしていて、どのくらい時間が経ったのかわからない。生まれ育ったトラゴ・タルパンを出てもう三日目ということだけは確かだが……。
「見えてきたぞ」
 グスタフが船首の向こうを指さしていた。レオは起き上がって目を細めた。荷物の影で眠っていたせいで、砂の海のまぶしさに目の慣れるまで時間がかかった。
「……あ」
 広い砂漠の先に王都アストゥリアスの威容が見えていた。
 地平線の右から左まで、見渡すかぎり城壁が続いていた。目をこらしても、その端は靄がかかりはっきりしない。長大な城壁の向こうに石造りの建物が何百、何千とつらなっていて、そのどれもが天に届きそうなほどに高かった。そしてアストゥリアスの背後にはさらに巨大な山脈がそびえていた。
 レオは息を飲んだ。
 アストゥリアスのことは幼い頃から大人たちに聞かされていたが、ここまで大きいとは思わなかった。王都があまりに巨大なので、その姿は見えていても、城壁にたどり着くまでにまだ数時間は砂の上を飛んでいく必要がありそうだった。
 同じ船に乗るベスティアたちも甲板に出てきて、アストゥリアスを指さしてなにやら言葉を交わし合っていた。初めてでなくとも、見る度に王都の威容は獣たちの気を騒がせるらしい。
「アストゥリアスにくるのは初めてか?」
 グスタフが聞いた。
「うん」
 レオがうなずくと、グスタフは満足げにその長い口の端を持ち上げた。王都を誇りに思っているのがその表情から伝わってくる。レオが聞いた。
「親父もあそこにいるのか?」
「ああ、後で会わせてやる」
「聞いただけだ。べつに会いたくねえよ」
 グスタフはなにか言いかけるが、結局黙り込んだ。レオが父ブルーノに反感を抱いているのはこの三日間で船中に知れ渡っていた。





明日に迫ったのであらためて告知です。

サークル『Hide & Seek』のケモノ小説同人誌

『BRUNO』がけもケットにて頒布されます。



大迫力の挿絵はエンボス先生!

小説は僕です。


挿絵だけで二十数点あるみたいです。
小説も原稿用紙にして120枚超のボリュームがあります。

設定資料のコピー本も出るらしいです。

場所はM-21。




繰り返しになりますが、上の表紙は
エンボス先生が描いたイラストを
龍谷尚樹先生が装丁デザインしてくれたという豪華なもの。



くわしい情報やサンプルは
Hide & Seekさんのpixiv
でどうぞ。






Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューしてなんと26年目! ゲイ雑誌各誌に小説をのせてもらって四半世紀経ったということ。いつのまにか休刊した雑誌の方がずっと多くなってしまい……。時代……。この間、鏡を見たら耳から盛大に耳毛が飛び出していた! 時代……。

旧ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR