FC2ブログ

Entries

『営業部の男たち②』








アマゾンkindleストアにて配信はじまりました。



『営業部の男たち②』

   ★ ★ ★

 浅井大祐は手を洗いながら鏡越しに上司の後ろ姿を見ていた。大山部長の尻はスラックスの上からでもその肉感がはっきり見て取れる。浅井はそのボリュームを思い返してニヤリと笑った。
 また犯ってやりてえなあ。
 しかしあんな強引なやり方はもう無理だろうと浅井は考えていた。下手したらクビにされてしまう。あの時はてっきり受け身の男なのかと迫ったわけだが、まさか初釜だったとは……。トイレの個室で挿入している間、浅井はひどく焦ったことを覚えている。大山は少しも感じていなかったのだ。違和感に苦しむばかりだった。それで、これが初めての男なのだと察しがついた。
 しかし後から思い返すと興奮してしまう。あんなに渋いおっさんの初釜を、しかも駅の便所で立ったままいただいてしまったのだから……。
 大山はまだ便器の前に立っていた。四十にもなると男は小便が長くなる。しかし年のせいだけではないだろう。部長の一物は勃ちかけていた。だから時間がかかっている。浅井が鏡越しに見つめていると、ようやく大山が一物をスラックスにしまい込んだ。浅井が見ていることには気づかずに、口にハンカチをくわえて手を洗う。浅井が横顔を見てやると、ん?という顔で見返してくる。
 やっぱり渋いなあ、このおっさん。
 思わずニヤリと笑いかけていた。とたんに、大山の顔が赤くなった。後ろに人が並んだから、二人そろってそのまま外に出た。ホームに降りて電車を待つ間、浅井は考え込んでいた。
 その気がないわけじゃないんだよな、このおっさんだって。さっきは勃起しかけていたのだし、顔を見てやれば赤くなる。なんだかんだ、強引に迫れば受け入れてしまうタイプというのは、前の二回で確認済みだ。
 それでもやっぱり、今度はちゃんと向こうが欲しがるまで待った方がいい。

   ★ ★ ★



 「仕事の鬼」と讃えられる新任営業部長大山一男四十歳と、やる気なしのサボり営業マン浅井大祐三十歳。互いを知らず、偶然、営業途中に寄った喫茶店で行きずりの関係を持った上司と部下の、猥褻なその後を描く。

 シンプルで短いポルノストーリー。



『営業部の男たち』B01MZ0OUB3 (初出『ジーメン』)の続編となります。

 今回、あらたに書き下ろしました。
 次週、③も配信予定。









当日、スペースに来ていただいたみなさま、
ありがとうございました。

新作同人誌『犬極道III』は
またゲイショップさんなどで通販することになるかと思います。
くわしいことが決まったらまた告知いたします。

『犬極道II』『犬極道I』も同じかたちになるかと。


また、デジタル版の『犬極道III』もデジタル版『犬極道II』の時と同じく、
紙版とまったく同じ内容のものをデジケットさんで、
激しい挿絵などを一部省いたものをkindleで、
二種類出すことになるかと思います。

そちらもまた告知させていただきます。







新年の挨拶って、去年、父が死んでるとしちゃいけないんですかね?
よくわからない……。

なんにしても、お正月って年々、
自分にはあまり縁のないイベントになってきてる気がする。

年賀状はもともと出してないし、
そもそも人付き合いの苦手な人間の集まりのような家族だったので、
お正月だからってなにかあるわけでもない。
人もこないし。

昨日から普通に週末だから彼氏の団地に来てるんですが、
おせちもなく、唯一お正月らしいこととして、
お昼にお雑煮を作って食べたくらい。
ただし豚肉入り。
昨日、コストコで豚肉買ったから。

しかし退屈なのでさっきイトーヨー◯ドーのモールに行ったんですよ。
で、いつもなら気が向くとマ◯クの百円のソフトクリームを食べるんですが、
今日は、お正月だから、という理由でサーティーワ◯を食べました。

サーティーワ◯、高いのね……。

お正月じゃないと食べないな。
いや、来年以降はお正月でも食べない。

味は普通においしかったけど、あの雰囲気であの値段……。
いや、僕がセコ過ぎるって話なんでしょうね。
それはわかってる。
サーティーワ◯を食べるにはふさわしくない収入なのに食べた僕が悪いのだ。






スポンサーサイト

コメント

[C76] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C77] Re: お久し振りです。

ありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
  • 2017-01-04 22:47
  • osamukodama
  • URL
  • 編集

[C78] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューして28年目に入りました。かなり本格的なおじさんになっているはずなんですがピンとこない。と思っていたら鼻毛が飛び出していた! 耳の中もサワサワするから耳毛チェックしないと。スマホに接続して使える内視鏡みたいなやつを前に買ったの使って確かめないといけないとここ数日考えているんですが、面倒で放置しています。この怠惰な心こそがおじさんになったことを証明しているのかな。
ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

僕のこと買ってよ

[小玉オサム文庫] の【魚屋健介 小玉オサム作品集52】 [小玉オサム文庫] の【男同士の恋の順番 小玉オサム作品集51】 [小玉オサム文庫] の【隣のノンケM 小玉オサム作品集(50)】 [小玉オサム文庫] の【田舎のもてなし 小玉オサム作品集49】 [小玉オサム文庫] の【海外赴任 小玉オサム作品集48】 [小玉オサム文庫] の【面影 小玉オサム作品集47】 [小玉オサム文庫] の【添乗員が同行いたします 小玉オサム作品集46】 [小玉オサム文庫] の【くるまの運転 小玉オサム作品集45】 [小玉オサム文庫] の【痴漢とおまわりさん 小玉オサム作品集44】 [小玉オサム文庫] の【親父 小玉オサム作品集43】 [小玉オサム文庫] の【立ち小便の男 小玉オサム作品集42】 [小玉オサム文庫] の【ラーメン屋の嫁探し】 [小玉オサム文庫] の【ラブホテル 小玉オサム作品集40】 [小玉オサム文庫] の【鉄砲 小玉オサム作品集39】 [小玉オサム文庫] の【刺青 小玉オサム作品集38】 [小玉オサム文庫] の【俺たちと先生(全三話)】 [小玉オサム文庫] の【新聞オヤジ 小玉オサム作品集36】 [小玉オサム文庫] の【陸曹物語(全話)】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 四の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 参の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 弐の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 壱の巻】 [小玉オサム文庫] の【七年目の浮気】 [小玉オサム文庫] の【記憶喪失の男】 [小玉オサム文庫] の【握り心地】 [小玉オサム文庫] の【嗅ぐ極道】 [小玉オサム文庫] の【エロすぎる弟】 [小玉オサム文庫] の【兄貴のお下がり】 [小玉オサム文庫] の【遊走 小玉オサム作品集24】 [小玉オサム文庫] の【漂流 小玉オサム作品集(23)】 [小玉オサム文庫] の【男が男を愛する時】 [小玉オサム文庫] の【営業部の男たち】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん3】 [小玉オサム文庫] の【陸士たち(全話)】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん2】 [小玉オサム文庫] の【ろくでなし 小玉オサム作品集(17)】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん】 [小玉オサム文庫] の【夫同士 小玉オサム作品集(15)】 [小玉オサム文庫] の【舅の味 小玉オサム作品集(14)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(7)&(8)&(9)】 [小玉オサム文庫] の【脅迫 小玉オサム作品集(12)】 [小玉オサム文庫] の【先生の味 小玉オサム作品集(10)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(3)&(4)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(1)&(2)】 [小玉オサム文庫] の【性悪婿】 [小玉オサム文庫] の【俺の教育実習】 [小玉オサム文庫] の【父と息子の性教育 全五話】 [小玉オサム文庫] の【塾をサボった男の子】 [小玉オサム文庫] の【オレの彼氏はおまわりさん 小玉オサム作品集(3)】 [小玉オサム文庫] の【堕・若パパ 小玉オサム作品集(2)】 [小玉オサム文庫] の【日本の男 小玉オサム作品集(1) 俺の親父 乗車記録 日本の男 家庭訪問-教師と生徒とお父さん】 <

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR