FC2ブログ

Entries

『性悪婿Ⅱ』








アマゾンKindleストアで配信はじまりました。



『性悪婿Ⅱ』


   ★ ★ ★

 その夜、風呂を浴びようと妻から着替えを受け取って廊下に出た時だった。階段の踊り場で、彼と娘がキスを交わしているところを見てしまった。二人は私に気づいて笑いあいながら上がっていき、寝室に入っていった。まだまだ新婚なのだから、当然のことだ。それはわかっている。だが私の心の中で、なにやら黒い感情が、嵐のように渦を巻くことは止められなかった。
「なんて事を、私はあれの父親なんだぞ……」
 独りごちて脱衣場に入った。服を脱ぎ、風呂場の明かりの下でアレをつかみ、尿道をよく見た。心なしか、いつもより広がっている気がする。まだムズムズしていた。尿道の入口が少し赤く腫れている? また勃ってきた。
 したい、と思う。右手でアレをつかみ、左手は自然と尻に触れていた。
「う、ああ……」
 私の肛門はいつからか、自分の指くらいすんなり飲み込むようになっていた。どこを探れば感じやすいのかもわかっていた。前と後ろを一緒にいじれば、すぐに出せるだろう。だが、いいところまでいく前に、頭の中に彼の声が聞こえてきた。
 俺に断わりなく漏らすんじゃないぞ?
 手が止まった。逆らえないのだ。彼に抱かれたいと思う。さっきダイニングでされたキスを思い出してしまう。なんてことだ、私は一日中、あの婿のことばかり考えている。なのにあの男は、私が見ていることを知っていて娘にキスをしていた。女には興味がないと言っていたくせに、好きなんじゃないか。
 私は湯船につかり、顔をこすった。どうかしている、こんなこと、いつでもやめられるのだ。私は元々男のことなどなんとも思っていないのだ、男など……。尿道が疼いていた。
 風呂を出ると、ちょうど廊下に彼がいて、便所のドアを閉めようとしているところだった。
「こい」
 彼は私の目を見て低い声を出した。妻と娘は、と私は考えた。だが、ためらいはせずに便所に入った。彼に求められ、心が弾んでいたのだ。
「飲みたいか?」
 彼は私の顎をつかんでニヤリと顔を笑わせた。ついさっきまで、こんなこといつだってやめられると考えていた私なのに、彼の手に触れられていると考えるだけで、心まで燃える。
「あ、ああ、飲みたい、たのむ」
「小便だぞ」
「え」
「これからあんたの娘を抱いてやらないとならないんだ。だから父親のあんたには小便しかやれない」
 彼はニタニタと笑い続けていた。私は怒りで歯ぎしりさえして、便所を出ようとした。だがそこで彼に腕をひねられ、狭い便所の中で床にねじ伏せられた。
「痛いっ、やめてくれ」
「俺が飲めと言ったら飲むんだ。でないと二度と相手をしてやらないぞ?」
「そんな、私だって、」
「口を開けろ」
「んっ、むうう、」
 口の中に太いのを押し込まれた。私はなんとかそれを吐き出そうとした。壁を殴りさえしたのだ。だが口に入って来たとたん、彼が勃ってきたのだ。それはかたく、太く、力強く脈打っていた。ああ、これは私のものだ、私だけの……。力が抜けてしまった。

   ★ ★ ★




 さわやかで明るい青年が娘と結婚。二世帯同居の生活がはじまって半年。
 性悪な婿の「調教」を受け、舅は実の娘に黒い嫉妬心を燃やすまでに。

 『性悪婿』B01JO8ASSMの続編。

 ほとんどが性的なシーンになっています。

 初出『ジーメン』(『SM-Z』だったかもしれません)






『性悪婿』はⅢまであって、その後、五年くらい後だったかに
スピンオフの『性悪舅』を書いたので、
まだ今週、来週とシリーズをつづけて配信する予定です。






Kindle読み放題ですが、やはりはじめの一週間くらいと比べて、
出る数が落ちてきている……。

サービス加入のみなさま、ぜひともよろしくお願いいたします。






ひとつケチなこと思いついたんですけど、
Kindle読み放題って作者が読んでも
数字はカウントされるんですよね、きっと……。

で、読み放題サービスってはじめの一ヶ月は無料。

ということは……。



こんなこと書いてると
どんだけケチでいやらしい根性なんだと言われそう。

ケチでいやらしいのは事実だけど。




あまりにも数字が出なくなったら、
退屈な時にやるか……。
(BIGで六億円が当たったらやりません)
















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューして28年目に入りました。かなり本格的なおじさんになっているはずなんですがピンとこない。と思っていたら鼻毛が飛び出していた! 耳の中もサワサワするから耳毛チェックしないと。スマホに接続して使える内視鏡みたいなやつを前に買ったの使って確かめないといけないとここ数日考えているんですが、面倒で放置しています。この怠惰な心こそがおじさんになったことを証明しているのかな。
ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

僕のこと買ってよ

[小玉オサム文庫] の【ラーメン屋の嫁探し】 [小玉オサム文庫] の【ラブホテル 小玉オサム作品集40】 [小玉オサム文庫] の【鉄砲 小玉オサム作品集39】 [小玉オサム文庫] の【刺青 小玉オサム作品集38】 [小玉オサム文庫] の【俺たちと先生(全三話)】 [小玉オサム文庫] の【新聞オヤジ 小玉オサム作品集36】 [小玉オサム文庫] の【陸曹物語(全話)】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 四の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 参の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 弐の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 壱の巻】 [小玉オサム文庫] の【七年目の浮気】 [小玉オサム文庫] の【記憶喪失の男】 [小玉オサム文庫] の【握り心地】 [小玉オサム文庫] の【嗅ぐ極道】 [小玉オサム文庫] の【エロすぎる弟】 [小玉オサム文庫] の【兄貴のお下がり】 [小玉オサム文庫] の【遊走 小玉オサム作品集24】 [小玉オサム文庫] の【漂流 小玉オサム作品集(23)】 [小玉オサム文庫] の【男が男を愛する時】 [小玉オサム文庫] の【営業部の男たち】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん3】 [小玉オサム文庫] の【陸士たち(全話)】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん2】 [小玉オサム文庫] の【ろくでなし 小玉オサム作品集(17)】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん】 [小玉オサム文庫] の【夫同士 小玉オサム作品集(15)】 [小玉オサム文庫] の【舅の味 小玉オサム作品集(14)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(7)&(8)&(9)】 [小玉オサム文庫] の【脅迫 小玉オサム作品集(12)】 [小玉オサム文庫] の【先生の味 小玉オサム作品集(10)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(3)&(4)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(1)&(2)】 [小玉オサム文庫] の【性悪婿】 [小玉オサム文庫] の【俺の教育実習】 [小玉オサム文庫] の【父と息子の性教育 全五話】 [小玉オサム文庫] の【塾をサボった男の子】 [小玉オサム文庫] の【オレの彼氏はおまわりさん 小玉オサム作品集(3)】 [小玉オサム文庫] の【堕・若パパ 小玉オサム作品集(2)】 [小玉オサム文庫] の【日本の男 小玉オサム作品集(1) 俺の親父 乗車記録 日本の男 家庭訪問-教師と生徒とお父さん】