Entries

『性悪婿』とkindle unlimitedのこと








アマゾンKindleストアにて配信はじまっています。


『性悪婿』


   ★ ★ ★

 透きガラスごしに、脱衣場に人の影が見えた。体の大きさからして、一目で婿だということがわかった。
「おい、今、入ってるぞ」
「お義父さん、背中流しますよ」
 快活でさわやかな、男らしい声だった。日曜の朝の楽しみを邪魔されるのは困ったが、無下に断ることもできなかった。
「気をつかわんでいいよ」
「俺も入りたいんです。裸の付き合い、させてください」
 脱衣場の扉を開いて入ってきた彼の体を見て、私は少なからず驚いた。服を着た上から見ても、がっちりとたくましい体をしているのはわかっていたが、こうして裸を見ると、それどころではない。体操選手か水泳の選手かと見まごうばかりの筋肉質で、男の私から見てもため息が出るほどバランスがとれて美しいのだ。年のせいにするのも卑怯かもしれないが、私は五十を過ぎていて、年なりに贅肉をためこんだ体だ。背は彼とほとんどかわらないのに、腹は出ているし、腕や足が太いのも贅肉のおかげという有様で、同じ男としては、彼のような男を前にすると恥じ入るばかりだった。
「君は、いい体しとるなあ。いったいいつ鍛えてるんだい?」
「たいしたことはしてないですよ。ちょこちょこっと暇な時にしてるだけで」
 彼は笑って首を振り、シャワーをひねって湯を出すと、タオルを濡らして石けんを塗りたくった。ひとつしかない風呂椅子を前にして、スノコの上に片膝をつき、私を見た。
「どうぞ、お義父さん」
「じゃあ、たのもうか」
 せっかくだから、と湯船を出て風呂椅子に腰掛けた。熱く湿った石けんの泡が、張り付くようにうなじをこすった。
「うん、気持ちがいいよ……」
「お義父さんは毛深いんですね」
「ん」
「背中まで毛が生えてる」
「うん、若い頃は恥ずかしくってなあ。今も人前で裸になる時は考えるよ」
「男らしくていいじゃないですか。俺は憧れますよ」
「まさか、君みたいな若いモンが」
「いや、ほんとに。こうして石けんで濡れると、泡にうねってはりついて、よけいにいやらしい」
「え、なんだって?」
 よく聞き取れなかった。だが、彼は答えずに腰の辺りまでこすってくれた。うちの風呂椅子はスノコでできた小さなもので、私の尻だとはみ出してしまう。そのはみ出た尻まで彼は拭いてくれた。だが、たしかに石けんのヌメリはついていたが、尻に触れたその感触はタオルではなかった。それが尻の下にまで入り込み、なにかをした時、とっさにはなにをされたのかわからなかった。
「あっ、なっ、なにを……」
「ここは使ったこと、あるんですかお義父さん?」

   ★ ★ ★




 一人娘の結婚相手はさわやかでたのもしい青年。二世帯同居生活がはじまり、後は孫ができるのを待つばかりと思っていた中年主人公にのびる魔の手。

 舅と婿の禁断の関係がはじまる。


 ゲイ官能小説。SM風味が強いです。
 オヤジ受け。


 初出『ジーメン』。(『SM-Z』だったかもしれません)



 はじめは読み切り作品のつもりで書きましたが、その後、続編も。そちらも来週、再来週と続けて配信する予定です。







アマゾンでKindle unlimited というサービスがはじまりました。
月に980円だかの定額を払うとKindleで配信されている電子書籍が読み放題になるというサービス。

すべての電子書籍ではないんですが、かなりの割合っぽい。

僕のように個人でKindleで売り出している作家の作品の場合は、その電子書籍の契約によって、読み放題になる、ならないが一作、一作で分かれています。

僕の場合ですが、アマゾンKindleストアのみで配信している、独占契約の電子書籍の場合のみ、読み放題になります。
具体的には、書き下ろし作品、サムソンや豊満、薔薇族にのせてもらっていた小説など。

その他の雑誌に掲載されていた小説に関しては、基本的には別のサイトでも配信されている、また、配信される可能性があるため、独占契約にはしていません。
なので読み放題にもならない。



この読み放題サービス、当然ながら、読まれた分だけ作者にも分配金が支払われるわけですが、作品一本あたりの単価で考えると、普通に買ってもらった場合と比べるとこちらの取り分はかなり少ないはず。
ただし「一本ごとに買うことはないけど読み放題なら読む」という読者層もかなりいるわけで、どっちが得かと考えると微妙なところ。

毎日、すごいページ数が読まれれば、普通に買ってもらう分がなくなっても、まあ、むしろもらえる額は増えるのかもしれない。
しかし、読み放題でじゃんじゃん読まれるのってはじめの内だけな気がする。
そもそもゲイ官能小説ってジャンルは読み手がすんごく限定されるちいこい市場なので……。


ちなみに、普通に買ってもらっている分に関しては、毎日、なにが何本売れて、どれだけ著作権料がもらえるのかわかるようになっているんですが、この読み放題分に関しては、月に一度のレポートでしか知りようがない。
毎日、何ページ読まれたかということはわかるんですけど、一ページ読まれるごとにいくらもらえる、という正確な数字がないんですよ。
なんか、積立金みたいなのが国ごとにあって、それを読み放題で読まれたすべての書籍のページ数で割って単価を割り出していくというシステムらしく。
しかも個人でアマゾンと契約している作家の場合は、ただ読者さんが読み放題でダウンロードしてくれても、実際に読まれないとお金をもらえない。本全体の最低何割かだかを読んでもらってはじめて「読んだページ」のカウントがはじまるんだとか。

というわけで、八月分の読み放題サービスによる分配金は九月の中旬にならないと判明しないんですが、結果的に入ってくる額が極端に減ったりしたら、嫌だなあ……。

あんまり減るようなら、いっそ、独占販売はやめて、よそのサイトでもどんどん売っていくように路線変更するかも。
しかし読み放題サービスから抜けたからといって、普通に一本一本買ってもらえるようになるとは思えない。
だって僕一人が抜けたからといって、他にもゲイ官能小説とかボーイズラブとかいっぱい読み放題にあるのだから、わざわざ僕のだけ個別に買うなんてことするわけないし。

かわりはいくらでもいるんだよね……。



そもそもがバイトで稼ぐより少ない収入なんだけど、それでやっとこさ生きてる人間にとっちゃ大問題ですよ。
情けない話。

どうなることやら……。




あ、最後になりましたが、今回、配信をはじめた『性悪婿』はすでによそでも配信されている小説なので、アマゾン独占販売ではありません。
なので読み放題にはそもそも入れられないのです。
読み放題なら読みたい、という方には申し訳ないです。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューしてなんと26年目! ゲイ雑誌各誌に小説をのせてもらって四半世紀経ったということ。いつのまにか休刊した雑誌の方がずっと多くなってしまい……。時代……。この間、鏡を見たら耳から盛大に耳毛が飛び出していた! 時代……。

旧ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR