Entries

同人誌『犬極道Ⅱ』が野郎フェスE03にて



犬極道Ⅱ裏表紙下絵


犬極道Ⅱ表紙下絵








 薄暗い照明の下、五十名以上の人間が立食パーティを楽しんでいた。ほとんどは正装した男や女で、着るものや態度から裕福な人種とわかる。一見して、気取った連中の気取ったパーティと思う。しかし宴会場に足を踏み入れ、暗さに目が慣れてくると、その異様な雰囲気におれたちは圧倒された。入口に「部外者立ち入り厳禁」と張り紙があったが、なるほど間違ってホテルの宿泊客が入り込んだりしたら大騒ぎになりそうな有様なのだ。
 着飾った人々の中に、裸の男や女が紛れ込んでいた。
 ただ全裸というんじゃなく、全身にピアスを食い込ませた女や、ガタイがよくヒゲまで生やした男なのに、毛むくじゃらの裸体に女性モノの下着をつけていたり、ハッとするほどの美少年が犬のように床に膝をつき、首に縄をつけられ、人々に「チンチン」を披露していたりする。
 変態趣味のパーティとあたりはつけていたが、これほど悪趣味なものとは思わなかった。おれは何度も花井と顔を見合わせた。後ろで渋っている天道の姿を振り返り、はたしてこれで人目が引けるのか判断がつかず戸惑った。
 天道は上はいつものとおりアロハシャツ姿だ。タッパもあるし顔立ちはまあまあ男前で目立つだろう。下は裸で、靴下にブーツをはかせていた。しかしこれだけで変態パーティの見世物になるのかどうか。
「ほら、行くぞ」
「んんっ!」
 花井が縄を引いた。天道は後ろ手に縛りあげ、猿ぐつわを噛ませてある。ここに連れてくるのに殴って無理矢理言うことを聞かせたのだ。
 招待状にあった「ご自慢のペット」という文言から、もちろん島崎を連れてくることも考えた。しかし変態どもの集まるパーティなのだから、万が一他の連中に手を出されたらかなわない。
 島崎はおれのものだ。見世物にするつもりはない。

            (『犬極道Ⅱ 憎みきれないろくでなし』より抜粋)




というわけで以前に告知したとおり、野郎フェス
(あさって21日に大田区産業プラザPIO大展示ホールにおいて開催)
同人誌『犬極道Ⅱ』が出ます。

場所はE03。



企画、編集などはサークル「Hide&Seek」 さん。

表紙、デザイン、挿絵などは龍谷尚樹 先生が担当してくださっております。

そして僕が小説書いてます。



上にある表紙絵は下書き段階のもの。
これにたぶん色がつくのだと思います。
僕もまだ見れてないので楽しみ~。


僕は小説を書いただけで後のことはすべてお任せなので、
全貌は当日までわからないまま。

なんでも挿絵がたくさんつくらしいです。
三枚、四枚というレベルでなく、かなり盛りだくさんらしい……。
僕の小説作品というより龍谷先生のイラスト集といった方が正解。

それはすなわち、
「小説はべつに……」
という方でも手にとっていただきやすいということ!

売れるといいなあ~。



僕も当日、売り子として参加する予定です。
気が向いたら声かけてくださいませ。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューしてなんと26年目! ゲイ雑誌各誌に小説をのせてもらって四半世紀経ったということ。いつのまにか休刊した雑誌の方がずっと多くなってしまい……。時代……。この間、鏡を見たら耳から盛大に耳毛が飛び出していた! 時代……。

旧ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR