FC2ブログ

Entries

『輪姦 おっさんたちにかわるがわる』






アマゾンKindleストアにて配信始まりました。


『輪姦 おっさんたちにかわるがわる』


★★★★★

「ひっ……」
 いきなり股の間に手が入ってきて飛び上がった。オレは柳さんを見下ろした。だけど柳さんはメニューを手にしているのだった。同じテーブルの太ったおっさんの手がケツの方から股の下に差し込まれていた。
「あっ、あの……」
 騒ぐな、とデブおっさんが口だけ動かしていた。声には出さず、顔はニヤニヤと笑っている。オレはパニック状態で他のおっさんたちのことを見た。もう一人、スーツを着たおっさんと、作業服を着たおっさん、そして柳さんと、そろってスケベ笑い浮かべた顔でオレを見ている。だけど他の客からは見えづらい場所だったから、誰の注目も集めてはいない。それでもヒヤヒヤしてどうすればいいのかわからなかった。
 柳さんが小声で囁いた。
「後で便所掃除の時に、一人ずつ相手しろ」
「……え?」
「しゃぶってやれって言ってんだよ」
 聞き間違いかと思った。だけど柳さんのニヤケ顔を見ればどういうつもりなのかは想像がついた。嘘だろ? こいつらみんなそのつもりでこの店に来たのか……? オレはテーブルに並ぶおっさんたちの顔を見回した。
 股の間に手を差し込んでいるデブは眼鏡をかけていて、いかにも冴えない感じのおっさんだった。もう一人、スーツを着たおっさんは顔が四角くて額がM字に後退したハゲで、髭のそり跡がやたら濃い。作業服を着たおっさんはガタイがでかくて、顔つきも厳つかった。柳さん含めて、よそで会ったらまったく目に入らないタイプのおっさんばかりだった。だってオレのタイプは二十代半ばまでの年上であって、おっさんなんか大差なく見えるのだから……。
 こいつら全員ホモってこと? 全員、オレにしゃぶらせるつもりで柳さんについてきた?
「おっ、オレ、できません、そんなこと……」
 オレは柳さんを見下ろして、低い声で抗議した。だけど柳さんはオレの言うことなど気にもしない風で言い返してきた。
「お前のためにわざわざ声かけて集めてやったんだぞ」
「オレはそんなこと……」
「興奮しそうだろ? お前、ドMなんだから」

★★★★★



 タイプは二十代半ばまで、のはずだった大学生の主人公。
 なのにまるでタイプ外のおっさん四人によってたかってフェラ奉仕を要求され、肛門を輪姦されてしまう。
 本気で嫌だと思うのに、それゆえに燃え上がり……。


 『中年男性とのセックス』シリーズその④。

 このシリーズは中年男性との猥褻なセックスを描くことを主眼とした作品になります。


 この第四弾はシリーズ第一弾の『初体験はおっさんにしゃぶらされた』の後日談。
 経験の少ない青年がドMに落とされるストーリー。

 書き下ろし作品。









実は先月の頭から犬の具合がよくなくて。

獣医さんによると気管支虚脱なのだという。
気管支がつぶれて呼吸が困難になっている状態。
ずっとつぶれているわけではなく、吸っているんだか吐いているんだか、どっちかの時につぶれてしまう。

手術しか根本的な治療法がなくて、しかしうちのパグの場合は気管支の末端の方まで虚脱しているので、太いところだけ虚脱を治してもあんまり意味がないらしい。

そもそも十六歳の高齢なので麻酔した段階で死んじゃう可能性もあるし、なんとか手術を乗り切っても胸のかなり広い範囲を切って縫うことになるから体に負担が大きくて予後が悪くなる。やっぱり年を考えると死んじゃう可能性が高い。
(ちなみに手術できる病院も限られていて、百万以上はかかるらしい)

というわけで、気管支拡張の薬とかで様子見るしかない感じでやってきたんですが、しぶとい奴なのでだいぶ落ち着いてきた。

一時はもう時間の問題と覚悟していたんだけど、もうしばらくがんばってくれそう。

これで毎日すんごく苦しそうなんて状態だったら安楽死も考えるけど、まあ、のんびりしている分には前と変わらないくらいに回復した。
食欲もりもりだし、散歩にも行く。

しかし抱きかかえたりすると胸が圧迫されて咳き込む感じなので、犬を連れて彼氏の団地に泊まりに行くというのはできなくなった。
やってやれないことはないけど、負担が大きそうだし、お漏らしするし。
締めつけたくないからオムツはしなくなったから。


というわけで最近は団地に行くのは一人で日帰りコースに。
午前中に行ってお昼食べて帰ってくるパターン。
物足りないけど、犬が気になるから……。


前に筋トレをはじめた理由についてちょっと書きかけてやめたけど、これがその理由。

愛犬が病気になって気持ちが落ち込むからはじめた筋トレ。
ホモらしくない理由だ。





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューして28年目に入りました。かなり本格的なおじさんになっているはずなんですがピンとこない。と思っていたら鼻毛が飛び出していた! 耳の中もサワサワするから耳毛チェックしないと。スマホに接続して使える内視鏡みたいなやつを前に買ったの使って確かめないといけないとここ数日考えているんですが、面倒で放置しています。この怠惰な心こそがおじさんになったことを証明しているのかな。
ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

僕のこと買ってよ

[小玉オサム文庫] の【痴漢 淫行車両日記 小玉オサム作品集58】 [小玉オサム文庫] の【下宿部屋・隣同士 小玉オサム作品集57】 [小玉オサム文庫] の【霧のPA 小玉オサム作品集56】 [小玉オサム文庫] の【島のおまわりさん 小玉オサム作品集55】 [小玉オサム文庫] の【ハンパ者 小玉オサム作品集54】 [小玉オサム文庫] の【四十九 小玉オサム作品集53】 [小玉オサム文庫] の【魚屋健介 小玉オサム作品集52】 [小玉オサム文庫] の【男同士の恋の順番 小玉オサム作品集51】 [小玉オサム文庫] の【隣のノンケM 小玉オサム作品集(50)】 [小玉オサム文庫] の【田舎のもてなし 小玉オサム作品集49】 [小玉オサム文庫] の【海外赴任 小玉オサム作品集48】 [小玉オサム文庫] の【面影 小玉オサム作品集47】 [小玉オサム文庫] の【添乗員が同行いたします 小玉オサム作品集46】 [小玉オサム文庫] の【くるまの運転 小玉オサム作品集45】 [小玉オサム文庫] の【痴漢とおまわりさん 小玉オサム作品集44】 [小玉オサム文庫] の【親父 小玉オサム作品集43】 [小玉オサム文庫] の【立ち小便の男 小玉オサム作品集42】 [小玉オサム文庫] の【ラーメン屋の嫁探し】 [小玉オサム文庫] の【ラブホテル 小玉オサム作品集40】 [小玉オサム文庫] の【鉄砲 小玉オサム作品集39】 [小玉オサム文庫] の【刺青 小玉オサム作品集38】 [小玉オサム文庫] の【俺たちと先生(全三話)】 [小玉オサム文庫] の【新聞オヤジ 小玉オサム作品集36】 [小玉オサム文庫] の【陸曹物語(全話)】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 四の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 参の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 弐の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 壱の巻】 [小玉オサム文庫] の【七年目の浮気】 [小玉オサム文庫] の【記憶喪失の男】 [小玉オサム文庫] の【握り心地】 [小玉オサム文庫] の【嗅ぐ極道】 [小玉オサム文庫] の【エロすぎる弟】 [小玉オサム文庫] の【兄貴のお下がり】 [小玉オサム文庫] の【遊走 小玉オサム作品集24】 [小玉オサム文庫] の【漂流 小玉オサム作品集(23)】 [小玉オサム文庫] の【男が男を愛する時】 [小玉オサム文庫] の【営業部の男たち】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん3】 [小玉オサム文庫] の【陸士たち(全話)】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん2】 [小玉オサム文庫] の【ろくでなし 小玉オサム作品集(17)】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん】 [小玉オサム文庫] の【夫同士 小玉オサム作品集(15)】 [小玉オサム文庫] の【舅の味 小玉オサム作品集(14)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(7)&(8)&(9)】 [小玉オサム文庫] の【脅迫 小玉オサム作品集(12)】 [小玉オサム文庫] の【先生の味 小玉オサム作品集(10)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(3)&(4)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(1)&(2)】 [小玉オサム文庫] の【性悪婿】 [小玉オサム文庫] の【俺の教育実習】 [小玉オサム文庫] の【父と息子の性教育 全五話】 [小玉オサム文庫] の【塾をサボった男の子】 [小玉オサム文庫] の【オレの彼氏はおまわりさん 小玉オサム作品集(3)】 [小玉オサム文庫] の【堕・若パパ 小玉オサム作品集(2)】 [小玉オサム文庫] の【日本の男 小玉オサム作品集(1) 俺の親父 乗車記録 日本の男 家庭訪問-教師と生徒とお父さん】