Entries

『ドS高校生』『堕・若パパ 小玉オサム作品集②』








アマゾンKindleストアにて配信はじまりました。


『ドS高校生』

   ★ ★ ★

 玄治と並んで歩いていた。公園から出たとたん、玄治はいろいろと話しかけてきた。だけど僕はまともに相手ができなかった。頭が惚けてしまっていたというか、ショックを受けていた。その、自分に、という意味で。
 なにがどうなってしまったのか。まるで自分が自分でなくなってしまったような気がしていた。だって自分の口からエロ漫画とかエロ小説みたいな言葉が出てくるなんて思いもしなかったのだ。全部飲めよ、だなんて……。
「マジ、ヤバかったよなあ?」
 玄治はずっと騒ぎっぱなしでうるさかった。
「うん……」
「マジであんなのありえねえって。なあ、なかったことにしようぜ」
「あ?」
「癖になったらほんとヤバイだろ。だからあれ、全部なかったことにする。いいな?」
「え、うん、わかった……」
 家に帰ると兄貴がまたダイニングで酒を飲んでいた。僕はその横に座って水を飲んだ。頬杖つくと、玄治の初々しいあの声やせわしなく体を震わせたりなんだりする様子が浮かんできた。それはほんとイイのだ。ありがたいというか、尊いというか……。
 問題は自分、だ。
 いくら頭がカッカしてたからって、あれはいったいなんなんだ? 自分が自分じゃなくなった瞬間というのか、いや、それとも……、いや、まさか。
「ねえ、兄貴はさ、本当の自分ってどんなだと思う?」
 つい聞いてしまったのだ。兄貴からしたら唐突過ぎて意味不明だったろう。だけどチビチビとウイスキーを舐めながら、まるでそれまでずっと男同士二人で話し込んでいた流れのように、すんなりとこたえてくれた。
「人間なんて一皮剥けば化け物と一緒さ」
「化け物?」
「そうさ、建前を捨てたらみんな化け物。きれい事を言えなくなったら化け物」
「なんか難しいね」
「簡単な話さ」
 僕は水を飲むと自分の部屋に上がっていった。ベッドに寝転がると、自然と手がおちんちんを触ってしまう。玄治のあの声。照れくさそうな、恥ずかしそうな仕草。玄治がザーメン出したばかりの同じ口に、僕もザーメンを出したという事実。

   ★ ★ ★


 住宅街の中にあるごく普通の公園。
 家の中で煙草を吸わせてもらえない男たちがサンダルつっかけやってきてはニコチンを充填していく。
 煙草の火が強くなったり弱くなったり、よそから見ればホタルのよう……。

 連作「ホタルの交尾」シリーズの③。
 続き物ではなく、毎回読み切りの一話完結ですが、つながっている部分はあります。

 第三話『ドS高校生』では、ノンケの友だちに片想いしている純情な男の子が主人公。
 ノンケに付き合わされて夜の公園に出かけたら、そこには誰のものでもくわえ込んでしまうおっさんホモがいて……。
 迷える高校生ゲイのアイデンティティを探る旅がここに。

 書き下ろしのゲイ官能小説。






[小玉オサム文庫] の【堕・若パパ 小玉オサム作品集(2)】

デジケットさまにて作品集第二弾配信はじまりました。

『堕・若パパ 小玉オサム作品集② 堕・若パパ、芝谷銀座商店街全話、ノンケ男の買春ツアー顛末記』






読み切りの『堕・若パパ』『ノンケ男の買春ツアー顛末記』、連載長編『芝谷銀座商店街』全話の三本を収録。


『堕・若パパ』

同じ保育園に子どもを通わせているパパ同士という縁で、著名な中年作家と知り合った主人公。ミーハー心もあって誘われるまま作家宅へ。 朝っぱらから酒を飲まされ、気持ちよく酔ったところでおっさん作家の魔の手がのびてきて……。

健全な若パパがホモセックスの沼に堕ちる話。
最後までノンケなのにカーセックスまでしてしまいます。

直球ゲイポルノ。


『芝谷銀座商店街』(全話)

商店街で八百屋を営む北野、その同級生である岩崎、愛川、後輩にあたる西沢、幼馴染であるこの四人をとりまく人間模様を描いた長編小説。
西沢以外は結婚しているが、北野はヤリチンで男を見るとナンパせずにいられない。元はその北野に手を出され目覚めた岩崎は年若い恋人本多と不倫関係を持っている。愛川は唯一のノンケだったが、西沢は昔から想いを寄せていて、愛川の妻の死をきっかけに二人は関係を持つようになる。
ゲイでありながら結婚し子供をもうけ、それでいてスケベ心を忘れない北野、ノンケとわかっていながら愛川に想いを寄せ、体の関係はできても心は寄り添えない無力感に苦しむ西沢、父から継いだ工場が順調で金は持っているが、家庭は崩壊寸前で、年若い恋人に振り回される岩崎、四人それぞれの人間模様が芝谷銀座商店街を舞台に絡まりあう。

初出『サムソン』。六回に分けて連載された全六話をまとめて収録。


『ノンケ男の買春ツアー顛末記』

三十五歳の独身男二人が女買いツアーとしてタイを訪れる。連日昼から女を買う二人だがタクシー強盗に出会い、最後の夜は女気なしに。連日抜きっぱなしで性欲の高ぶっていた二人は……。
性欲の強い、風俗に通わずにいられないノンケ男たちがひょんなことから男同士で……という短編小説。

初出『さぶ』。


小玉オサム作品集第二弾。
全394ページの大ボリューム。



『堕・若パパ 小玉オサム作品集②』に収録されている小説はすべてアマゾンKindleストアにてばら売りされているものと同じです。









小説家の樋口めぐむさんが書評サイトのシミルボンで
僕の単行本『NIGHT AND DAY』を取り上げてくれました。

シミルボンのそのページへのリンクはこちら
樋口めぐむさんのシミルボン

(『NIGHT AND DAY』は初出『ジーメン』の連載小説。掲載時は『マイクを前にした歌手』というタイトルだったものにその後のエピソードを書き下ろして同時収録しています)



ありがたや~。
もったいない言葉の数々。

自分がなにを書いているのか書いている本人はあんまりわかってない、
みたいなことってよく言われますが、
ほんとそうだなと思います。

にしてもバルダミュ。
学生の頃に読んだけど名前は忘れてしまっていた。
あんなにいい人じゃないけどね、フフフ。


『マイクを前にした歌手』、さらに続き書きたいなあ……。
しつこいか。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューしてなんと26年目! ゲイ雑誌各誌に小説をのせてもらって四半世紀経ったということ。いつのまにか休刊した雑誌の方がずっと多くなってしまい……。時代……。この間、鏡を見たら耳から盛大に耳毛が飛び出していた! 時代……。

旧ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR