Entries

『チンポに傷持つ身』

『チンポに傷持つ身』   ★ ★ ★  俺は出歯亀を決め込んで、暗い小道をそそくさと進んでいった。林の中にできた獣道のような小道へ入ると、すぐ目の前しか見えなくなる。だが、枯れ草を踏む音、荒い息づかいで、男たちの気配を感じる。 「え……」  少し開けた明るいところで、見覚えのある顔がせつなげに呻いていた。あのタチっぽいオヤジだ。オヤジは太い木の幹にすがりつき、でっかい尻を突きだしていた。掘っているのはまだ...

『ハンパ者』

アマゾンKindleストアにて配信はじまりました。『ハンパ者』   ★ ★ ★  ある夜、キャバレーにケンジから電話がかかってきた。 『兄貴、どうしよう、今、病院から子供が生まれるって電話が』 「どうしようってお前、どこにいるんだよ?」 『アパート』 「バカ、はやく病院に行け、おれも行くから」  おれは支配人に話をして店を抜けた。産婦人科に行くと、作業服姿のケンジが待合室でうろうろしてる。今にも泣き出しそうな顔...

『犬極道Ⅲ リストランテの夜』

アマゾンKindleストアにて配信はじまりました。『犬極道Ⅲ リストランテの夜』   ★ ★ ★  翌朝、島崎の声で目が覚めた。 「……わかった、伝えておく。いや、まだ寝ている」  おれはベッドの中で手足をのばしながらドアの方を見た。十センチほど隙間が開いていて、そこから島崎がリビングでなにやらしている姿がちらちらと見え隠れする。電話で誰かと話していたらしい。きっと相手は花井だ。シェ・高科の件か……。  寝室の中は...

『ドS高校生』『堕・若パパ 小玉オサム作品集②』

アマゾンKindleストアにて配信はじまりました。『ドS高校生』   ★ ★ ★  玄治と並んで歩いていた。公園から出たとたん、玄治はいろいろと話しかけてきた。だけど僕はまともに相手ができなかった。頭が惚けてしまっていたというか、ショックを受けていた。その、自分に、という意味で。 なにがどうなってしまったのか。まるで自分が自分でなくなってしまったような気がしていた。だって自分の口からエロ漫画とかエロ小説みた...

Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューしてなんと26年目! ゲイ雑誌各誌に小説をのせてもらって四半世紀経ったということ。いつのまにか休刊した雑誌の方がずっと多くなってしまい……。時代……。この間、鏡を見たら耳から盛大に耳毛が飛び出していた! 時代……。

旧ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR