FC2ブログ

Entries

『痴漢電車日記』と『オレの彼氏はおまわりさん③(最終話)』

アマゾンKindleストアにて配信はじまっています。『痴漢電車日記』   ★ ★ ★  ぞっと鳥肌が立った。何か得体の知れないモノを肛◯に入れられたのだ! なのにおれは何も言えなかった。叫びだしたっておかしくない状況なのに、やっぱり言えない。自分の気の弱さにあきれるほどだった。情けない。へんな場所にへんなもの入れられて、もしかしたらこのまま死んでしまうかもしれないのに、少しも逆らえないなんて……。これでも男か...

『オレの彼氏はおまわりさん②』

アマゾンKindleストアにて配信はじまっています。『オレの彼氏はおまわりさん②』(全三話)   ★ ★ ★  制服姿の警察官が自分のベッドの上に横たわっている。  妄想が現実になった、と矢田部は考えていた。オレのベッドにおまわりさんが寝転がって待っているのだ、オレのことを……。  三秒とかからず矢田部は勃◯した。  頭に血が上っていた。夢中で斉藤にのしかかった。すがるように抱きついて、汗ばんだ首筋に鼻先を押しつけ...

『トラック野郎 兄貴のとろまん』

 左にウインカーを出してパーキングエリアにトラックを乗り入れた。「次んとこの方が広いスよ?」 案の定、建吾の奴が口を挟んできた。「文句あんのかよ」「いえ、そういう意味じゃないスけど」 たしかに予定では次の広いサービスエリアで休憩のはずだった。俺は運転席から外に飛び降りながら建吾の顔を見ずに言い返した。「腹の調子が悪いんだよ」 便所と小さな売店しかない狭いPAだった。もう二十分走るとでかいSAがあるせい...

野郎フェスの思い出

ピーナッツマン……というわけで終わりました。会場で『犬極道Ⅱ』をお買い上げくださったみなさま、また、お声がけいただいた方々、ほんとうにありがとうございます。なにもかも初めてのことばかりでほんと緊張しました。こういうイベントって人々の熱気ですごく暑くなる、という話を聞いていたので七分丈のジーパンにサンダルでいったら、準備中とはじまってしばらくするまで空調がけっこう効いてて寒くって冷えてしまった。(そんな...

同人誌『犬極道Ⅱ』お品書き

というわけでお品書ききました。入稿ギリギリだったらしい……。お疲れ様です。そして表紙。華やか~。たくさんいて楽しい。裏表紙。やはりアフロが気になる……。お気に入り。今回はHide&Seekのお二人が企画をして、そのアイデアを元に僕がお話を考えて小説にして、それを龍谷尚樹先生が絵にしてくれたという流れになってます。今までいくつかのゲイ雑誌で小説をのせてもらってきて、そのたびいろんな絵描きの先生方に挿絵をつけても...

同人誌『犬極道Ⅱ』が野郎フェスE03にて

 薄暗い照明の下、五十名以上の人間が立食パーティを楽しんでいた。ほとんどは正装した男や女で、着るものや態度から裕福な人種とわかる。一見して、気取った連中の気取ったパーティと思う。しかし宴会場に足を踏み入れ、暗さに目が慣れてくると、その異様な雰囲気におれたちは圧倒された。入口に「部外者立ち入り厳禁」と張り紙があったが、なるほど間違ってホテルの宿泊客が入り込んだりしたら大騒ぎになりそうな有様なのだ。 ...

『オレの彼氏はおまわりさん①』

アマゾンKindleストアにて配信始まっています。『オレの彼氏はおまわりさん①』   ★ ★ ★  建物の目の前の駐車場に駐まった車の中から家族連れがぞろぞろと降りてくる。中年の夫婦と小さな女の子が二人。それともう一人、若い男前も一緒に階段を上がっていく。子どもたちは若い男の両腕にぶらさがって甘えているが、階段を上がった先で、夫婦と子どもたち、若い男と別れて、向かい合った部屋に入っていく。  家族ぐるみの付き...

『ラーメン屋の嫁探し』

アマゾンKindleストアで配信はじまっています。『ラーメン屋の嫁探し』   ★ ★ ★  トイレから出てきたのはいかにも山好みの若い男だった。体はがっしりとたくましく、短髪で男らしい顔つきをしている。そのくせまだまだ幼さの残った頼りなげな表情も見え隠れする。若い男はカウンターの端に一人で座った。そして山の強面顔にちらっと視線を投げてきた。  山はニヤッと笑ってグラス片手に立ち上がった。それを見たマスターが...

Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューして28年目に入りました。かなり本格的なおじさんになっているはずなんですがピンとこない。と思っていたら鼻毛が飛び出していた! 耳の中もサワサワするから耳毛チェックしないと。スマホに接続して使える内視鏡みたいなやつを前に買ったの使って確かめないといけないとここ数日考えているんですが、面倒で放置しています。この怠惰な心こそがおじさんになったことを証明しているのかな。
ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

僕のこと買ってよ

[小玉オサム文庫] の【ハンパ者 小玉オサム作品集54】 [小玉オサム文庫] の【四十九 小玉オサム作品集53】 [小玉オサム文庫] の【魚屋健介 小玉オサム作品集52】 [小玉オサム文庫] の【男同士の恋の順番 小玉オサム作品集51】 [小玉オサム文庫] の【隣のノンケM 小玉オサム作品集(50)】 [小玉オサム文庫] の【田舎のもてなし 小玉オサム作品集49】 [小玉オサム文庫] の【海外赴任 小玉オサム作品集48】 [小玉オサム文庫] の【面影 小玉オサム作品集47】 [小玉オサム文庫] の【添乗員が同行いたします 小玉オサム作品集46】 [小玉オサム文庫] の【くるまの運転 小玉オサム作品集45】 [小玉オサム文庫] の【痴漢とおまわりさん 小玉オサム作品集44】 [小玉オサム文庫] の【親父 小玉オサム作品集43】 [小玉オサム文庫] の【立ち小便の男 小玉オサム作品集42】 [小玉オサム文庫] の【ラーメン屋の嫁探し】 [小玉オサム文庫] の【ラブホテル 小玉オサム作品集40】 [小玉オサム文庫] の【鉄砲 小玉オサム作品集39】 [小玉オサム文庫] の【刺青 小玉オサム作品集38】 [小玉オサム文庫] の【俺たちと先生(全三話)】 [小玉オサム文庫] の【新聞オヤジ 小玉オサム作品集36】 [小玉オサム文庫] の【陸曹物語(全話)】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 四の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 参の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 弐の巻】 [小玉オサム文庫] の【マタギ肛虐伝 壱の巻】 [小玉オサム文庫] の【七年目の浮気】 [小玉オサム文庫] の【記憶喪失の男】 [小玉オサム文庫] の【握り心地】 [小玉オサム文庫] の【嗅ぐ極道】 [小玉オサム文庫] の【エロすぎる弟】 [小玉オサム文庫] の【兄貴のお下がり】 [小玉オサム文庫] の【遊走 小玉オサム作品集24】 [小玉オサム文庫] の【漂流 小玉オサム作品集(23)】 [小玉オサム文庫] の【男が男を愛する時】 [小玉オサム文庫] の【営業部の男たち】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん3】 [小玉オサム文庫] の【陸士たち(全話)】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん2】 [小玉オサム文庫] の【ろくでなし 小玉オサム作品集(17)】 [小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん】 [小玉オサム文庫] の【夫同士 小玉オサム作品集(15)】 [小玉オサム文庫] の【舅の味 小玉オサム作品集(14)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(7)&(8)&(9)】 [小玉オサム文庫] の【脅迫 小玉オサム作品集(12)】 [小玉オサム文庫] の【先生の味 小玉オサム作品集(10)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(3)&(4)】 [小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(1)&(2)】 [小玉オサム文庫] の【性悪婿】 [小玉オサム文庫] の【俺の教育実習】 [小玉オサム文庫] の【父と息子の性教育 全五話】 [小玉オサム文庫] の【塾をサボった男の子】 [小玉オサム文庫] の【オレの彼氏はおまわりさん 小玉オサム作品集(3)】 [小玉オサム文庫] の【堕・若パパ 小玉オサム作品集(2)】 [小玉オサム文庫] の【日本の男 小玉オサム作品集(1) 俺の親父 乗車記録 日本の男 家庭訪問-教師と生徒とお父さん】