Entries

『暁けない夜明け』第四話

 それから三十分後、英良は山神に連れられて、古い石畳の路地に足を踏み入れていた。もっとも奥まったところに、大正昭和を思わせる小さな間口の屋敷があり、古ぼけた木の門に小さな看板がかかっていた。山神がいつも使うホテルがどこも満室で、タクシーをあちこち走らせた末にたどりついたのがこの古い連れ込み宿だった。「ケツ、洗ってあるだろうな?」 山神に耳元で聞かれ、英良は顔を熱くした。「え、うん」「風呂はないが、...

こないだの旅行

なんで108なんだろう? なにかで聞いたような気がするけど思い出せない。煩悩?煩悩すべて満たせるほどの品揃えってことかな……。まあ、どうでもいいんですますます大都会になってた。看板の上になにかのってるってさっき気づいたちがう店舗だけどタイスペシャルサンデーみたいなデザート。パンダンかなんかで風味をつけた餅米、トウモロコシ、煮たピーナッツ的なやつがのってたすんごいデパートがまた増えてた。滝があったアーバ...

『父と息子の性教育 パート4』

『父と息子の性教育 パート4』   ★ ★ ★  濡れた体のままタオルだけつかんで廊下に飛び出し、寝室まで逃げてきた。襖に鍵はかからないが、とにかくぴったりと閉めて押さえつけた。  追いかけてくる気配はなかった。  それでもハラハラとした気持ちのまま、俺は手早く体を拭いた。頭をこすっているところで気がついた。口の端というか鼻の横の辺りに、イカ臭いような匂いがへばりついていた。息子の匂いだった。ほんの一瞬...

Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューしてなんと26年目! ゲイ雑誌各誌に小説をのせてもらって四半世紀経ったということ。いつのまにか休刊した雑誌の方がずっと多くなってしまい……。時代……。この間、鏡を見たら耳から盛大に耳毛が飛び出していた! 時代……。

旧ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR