Latest Entries

『マンデイ』と『よし坊とおっちゃん3』






アマゾンKindleストアにて配信はじまりました。


『マンデイ』


★★★★★

 デイヴはゴルフ場から戻ってすぐに僕の部屋にきたらしかった。下着のシャツを脱ぐために両手を上げると、脇の下から白人独特のすえた匂いが漂ってきた。裸の肩に手を滑らせると、汗でべとついていた。
「デイヴ……」
 湿った体を抱きすくめた。大きな、がっちりとかたい体だった。毛に覆われた胸板に顔を押しつけると、きつい匂いがした。一日、太陽の下でゴルフをやった男の体の匂いだ。肌はべとついて、舐めるとものすごく塩辛かった。
「シャワーを出していいか、リュウイチ?」
「うん、僕が流してあげるよ」
 熱い湯を出して、ゆっくりと背中を流してやった。汗で毛穴の開いた肌の上を湯が流れていく。それを追いかけるように手で撫で回した。夕べは薄暗いデイヴの部屋でだった。だが今は明るい蛍光灯の下だ。湯気でくもっているが、むっちりと太った白人男の裸体を間近に眺められる。毛が濡れて肌に貼り付いていた。日焼けした腕や首筋の黒さとは対照的に、シャツやズボンに隠れて白いままの胸や尻はハッと息を飲むほど生々しい。
 蛇口をひねって湯を熱くした。それを肩から背中へ、背中から尻へと流していく。デイヴがうめき声を上げた。股を開かせて、尻の穴にも熱いシャワーを押しつけた。
「ううう、リュウイチ、気持ちがいいな」
「感じるかい?」
「ああ、感じるぞ……」
 僕はシャワーをフックにかけて指に唾を含ませた。その指をデイヴの尻の穴に押し当てる。デイヴは巨大な体をビクッと震わせて壁に手をついた。
「オッ、オオッ、ウウウ……」
「デイヴのプッシーは何度いじっても気持ちがいいよ?」
「プッシーなんて言うな、このガキ、アッ、アッ、たまらん……」
 デイヴの尻の中は襞と襞がぴったりとあわさっていて、僕の指の全体をびっちりと包み込む。ゆっくりと出し入れするとズルズルと襞も動いて絡みつき、ヌメヌメとした肉の触感にため息が出た。僕もたまらない気分で、勃起したアレをデイヴの太股に押しつけた。普段はあまり濡れない僕なのに、ヌルリ、とアレもすべって頭を何度もこすりつけていた。
「リュウイチ、お前のディックが当たってるぞ、うう、はやくファックしろ」

★★★★★





 アメリカを一人旅する日本人の青年。
 ホテルのコーヒーショップで出会った白人の中年男と関係を持つ。
 白人男は落ち目のプロゴルファーで……。

 がっちり体型の太め毛深い白人中年ゴルファーを日本人青年が抱くパートが多いです。

 セックスシーンばかりですが、異国の地での出会いを描くロマンチックなお話。

 初出『ジーメン』。











[小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん3】


デジケット・コムにて配信はじまりました。


『よし坊とおっちゃん3』



『よし坊とおっちゃん』シリーズ最終話。

大学生となったよし坊と語り手の「僕」。
二人は若い恋人同士になっているが、そこにあの「おっちゃん」が戻ってくる。
ところが……。

青年よし坊がおっちゃんを抱くエロス場面、
回想シーンですが、○学生だった頃の小さなよし坊とおっちゃんの猥褻シーン、
○学生だった頃のよし坊とおじいさんの卑猥な関係も描かれています。

前二回よりも短めということもあるのでお値段控えめでございます。











何年か前からなんですけど、耳毛が生えてくるようになったんですよ。
産毛がちょっと太くなった感じの細目の毛が、たまに、気がつくと耳から一本だけ飛び出している。
だけど鏡に映してもあんまりよく見えないんですよね。
角度のこともあるし、そもそも目が悪いから見えにくい。
で、スマホやタブレットに挿して使う、内視鏡みたいなカメラを買ってみました。
たしか二、三千円だったような……。
そうして、生まれて初めて自分の耳の穴の中をマジマジと見たんですが、そもそも耳の中には産毛が大量に生えているから、ほんと耳から飛び出したものを処理すれば十分だなと思い直しました。
かたくて太い剛毛が生えるわけじゃないし。

なぜか急に耳毛の話をしたくなったので書きました。
それだけです。

『続・先生の味』







アマゾンKindleストアにて配信はじまりました。

『続・先生の味』



★★★★★

 山田は教壇で腕時計を確認した。
「よし、終了だ。こら、終わりだぞ、鉛筆おけよ。……周作、答案用紙集めて職員室に持ってきてくれ」
 授業終わりのチャイムが鳴った。山田は周作の方を横目に見ながら教室を出て行った。
 周作は答案用紙をみなから回収した。昼休みの時間で、廊下には生徒たちがあふれ、たのしげな声があちこちから聞こえてくる。その中を周作一人、暗い顔で歩いていく。職員室はむしろ人気が少なかった。担任を持っている教師の中には教室で生徒と弁当を食べるようにしている者もいるし、学食を利用する者も多い。
「失礼します」
 周作は挨拶してから職員室に入っていった。教室二つ分ある広い職員室の中に、山田以外には教師は二人しか残っていない。その二人とも授業の準備でもしているのか、机に向かっていて顔を上げることもない。嫌な予感がした。周作は山田の机に答案用紙をおくとすぐに立ち去ろうとした。しかし山田の手が周作の手首をつかんで逃がさなかった。
「見てみろ、周作」
 山田が囁くような声で言いながら、スラックスのファスナーを下ろした。職員室の中で教師が勃起した一物を外に引っ張り出したのだった。いくら座っていてまわりからは見えないとはいえ、信じられない行為だった。周作は自分の方が恥ずかしくなって体を熱くした。
 山田は得意げな顔で周作を見上げていた。椅子に座ったまま大きく股を広げ、スラックスからはみ出した肉色のものをヒクヒクと震わせ、指で皮をむいてみせた。周作の戸惑った表情を楽しんでいるのか、ニヤニヤと笑いながら、皮を戻したりむいたりを繰り返した。
「テストのここんところ、お前、わかったか? ほら、ここだよ」
 山田はわざと大きな声で話していた。他の教師たちに聞こえるようにだ。そうして周作の手を引いて自分の一物を握らせた。
 周作の手の中で、中年教師の一物が熱く、かたく張り詰めた。

★★★★★


 むさ苦しくガサツな中年教師山田元重が、教え子の佐々木周作を襲う陵辱ゲイ小説『先生の味』(B00AVLN7R6)の続編。

 身勝手な中年教師が、大人しい生徒を好きなように犯したりなんだりする倫理的にはひどい物語ですが、最後は不思議とあたたかい雰囲気で終わります。

 先生にいろいろされたかったあなたに。

 書き下ろしゲイ官能小説。







予告です。

おそらく今週後半にデジケット・コムにて、
書き下ろし小説『よし坊とおっちゃん3』
の配信をはじめるつもりでいます。

大学生になったよし坊と語り手の幼なじみのお話になりますが、
小学生だった頃と、中学生だった頃の回想エロスシーンもあり。

せつなくも官能的な少年愛小説。

このシリーズもこれにて完結。





『叔父』と『陸士たち(全話)』








アマゾンKindleストアにて配信はじまりました。

『叔父』


★★★★★

 ホテルの部屋に入ると、叔父はすぐに缶ビールを開けて飲み出した。煽るように一気に飲み干してから、少し恥ずかしそうに僕を見た。
「先にシャワーを浴びた方がいいか?」
「どっちでも」
「暗くするぞ?」
 部屋を暗くしてからも、ベッドの向こう側で新しいビールの缶を開ける音が聞こえた。また飲んでいる。もしかして、怖いのだろうか? 景気づけで飲んでいるのか? 缶をゴミ箱に捨てる音が聞こえた。それから、真っ暗な部屋の中で、裸になっていく叔父の気配がした。僕は急に怖くなった。カマトトぶる年じゃないとは思ったけれど、本当に怖くなってきたのだ。それを察したように、闇の中で叔父が立ち止まった。
「私に手を出されるのが、嫌なのか?」
「え、うん、やっぱり抵抗があるよ」
「……縛ってくれ」
「え?」
「私を縛ればいい。目隠ししたっていい。そうすれば、怖いことはないだろ」
 そこまでしてなぜ?とは思った。だけど、闇の中で嗅ぐ叔父の匂いは僕をその気にさせた。コロンなのか、シェービングローションなのか、いい匂いのまじった中年男の体の匂い……。すぐ目の前に、叔父の体の熱が迫ってきた。いくぶん汗の匂いも漂ってくる。見上げると、じっと僕を見つめている二つの目が闇の中に浮かんでいた。
 やっぱり怖かった。だけど、縛っていいのだ。それも、あの叔父を縛る。いい気味だ、という気持ちもまだあった。大嫌いだった叔父を相手にしていると意識すると胸が苦しくなってくるけれど、その叔父に復讐するのだと考えれば、いじめてやれ、という気分にもなってくる。その時はまだ、いたずら心の延長に過ぎなかったのかもしれない。
「じゃあ、縛るよ叔父さん」
「いいぞ」

★★★★★


 ヤリ部屋で三人の男たちに奉仕していた中年男。
 大学生の主人公も一緒になってそのM男の口を犯す。
 しかし明るいところで見ると、それは大嫌いだった親戚の叔父だった……。

 ゲイ官能SM小説。

 初出『ジーメン』(『Super SM-Z』だったかも)。







[小玉オサム文庫] の【陸士たち(全話)】



デジケット・コムにて配信はじまりました。

『陸士たち(全話)



「お前には戦闘服が似合っとる。それでいいじゃねえか……」


若い新米自衛官の青春ストーリー。

ゲイであることをひた隠しにしてきた小島二士を中心に、男同士の恋と苦悩、そして自衛官のありあまる精力の行く末が描かれる。

四人の若い陸士(陸上自衛隊員)たちと一人の陸曹が出てきます。

初出『ジーメン』。

四回にわたって連載されたものをひとつにまとめました。







『陸士たち』はKindleで配信済みのものをまとめただけです。

『叔父』は僕の伯父さんをモデルに書いたお話になります。

セックスしたわけじゃなくて、苦手な伯父さんで、
まあはっきり言って嫌なおっさんだったんですよ。

その伯父さんはそんな男前じゃないんですけど、
政治家を目指していただけあって、野心家タイプで男っぽかったんです。
いつも偉そうな感じ。
マウンティングし放題男。

そんな人と発展場で出くわしたら……、と思いついて書いた小説。






予告です。

次のアマゾンKindleストアでの配信は『続・先生の味』となります。






すいません、まだ予約状態ですが、先にリンク貼っておきます。

ちょっと前から、自分勝手で性欲の強い悪い教師に
生徒がセクハラされるような話が書きたくなっていたのですが、
そういえば前にもそういうの書いたなと思い出して、
続編として書きました。

『よし坊とおっちゃん2』に続いて、
一方的に性欲を押しつけるような、倫理的にひどい系。



『鉄砲 後編(全三話)』






アマゾンKindleストアにて配信はじまりました。


『鉄砲 後編(全三話)』


★★★★★

 おじさんのケツの中でまたたっぷりと出した。自分でわかるくらい長い間、射精が続いたのだ。おじさんは手をのばしているのがつらいのか、畳に突っ伏してしまった。手で顔をおおって低いあえぎ声を漏らし続けていた。
「あー、どうにかなりそうだぞ、このまま、このまま続けてくれるんだよな?」
「うん、まだまだおさまりそうにないから」
「お前、ほんとに強いなあ、あっ、ああっ!」
「ふっ、ふっ」
 おれはまだちょっとくすぐったかったけれど、おじさんを喜ばせたくて腰を振った。ザーメンで濡れたせいでますます滑りがよくなっていた。おじさんは顔を横向きにして頭を抱え込んでいた。目は隠れて見えないが、口と鼻の穴までは影から見えていた。おじさんは赤い口から舌を出し、鼻の穴を広げてケダモノじみた声を上げ続けた。


 ほんと倉田のおじさんとはじめると時間がかかる。おれの気が済むまでおじさんが付き合ってくれるからだ。順番に風呂を使って身支度をすませると、おじさんが居酒屋でも行こうと誘ってくれた。おれは喜んでついていった。さんざん飲んで食べてしゃべって笑って、お開きは深夜になった。
「うちに泊まればいいのに」
「ホテルとってあるし、お前んとこじゃ狭いだろ。それに朝方まだ眠い時間からたたき起こされそうだ」
「そんなことしないよ」
「お前にそのつもりがなくても、お前のチンポが暴れ出すんじゃねえか?」
 そう言われると自信がなかった。たぶん、明日の朝になったらもう元気になっていて、おじさんにケツ貸してとか口使わせろとか言い出してしまうかもしれない。このおじさんならそういうのも嫌いじゃなさそうだけど。
「で、明日はどうするの? 東京観光するなら、案内するよ」
「いいや、行くところは決まってるんだ」
「どこ?」
「サウナだよ、ホモサウナ」
 おれはびっくりした。話には聞いたことがあるけれど、おれ自身は一度も行ったことがない。なんだかこわくて。
「さんざんおれに抱かれて満足したんじゃないの?」
「こういうことに満足なんてねえだろ。それに前から一度行ってみたかったんだ。いろんな男に犯られてみたくてな」
 おじさんはニヤニヤと笑っていた。まったくスケベな人だ。ちょっとからかってやりたくなった。
「あのさ、おれのチンポ、自分で言うのもなんだけど、けっこうでかい方だよ。他の男のチンポで満足できるのかなあ、だっておじさんのケツってさ」
「うるせ、よけいなお世話だ。まだクソもらしたことねえから問題ねえだろ」
 笑ってしまった。おじさんも笑って続ける。
「男同士のセックスってのは大きさだけじゃない。テクニックが一番大事なんだ」
「そういうもんかなあ」
「お前も犯られてみればわかるさ」
 そこで急に言葉が途切れた。おれたちは駅前のロータリーで立ち話していた。ネオンの明かりの下でおじさんの顔にいろんな光が映る。なんだかしんみりした空気が流れ出していた。
「両親ともおっ死んで、おれももう自由だ。お前を縛りつける必要もなくなった」
「縛られてるなんて感じたことないよ」
「これからはムラムラしたらちょくちょく上京して遊んでやろうと思ってんだ。じゃあ、またいつかな」
 おじさんはタクシー乗り場に向かって歩き出した。おれはその後ろ姿を見守った。タクシーが走り去ると、なんだか胸が苦しくなった。

★★★★★


ついにメダリストとなった主人公。
時が流れ、人はみな変わっていく。


ゲイ官能小説。
初出『ジーメン』。
三回連載だったものの後編。










次の配信は『ジーメン』(『Super SM-Zだったかも) に掲載してもらった
『叔父』になります。

で、元の原稿を読み返したら、
主人公のお父さんの姉の旦那さんが出てくる話なのに、
「叔父」
になってることに気づいて。

たしかその場合は「伯父」ですよね。

アホ。

というわけでお父さんの妹の旦那さんに設定を変えました。





『鉄砲 中編(全三話)』と『よし坊とおっちゃん2』





アマゾンKindleストアにて配信はじまりました。


『鉄砲 中編(全三話)』

★★★★★

 紺野の軽口に何か言い返すべきだと思っていた。だけどなんでだかこの男、憎めないところがあるのだ。天真爛漫というか、裏がないというか、やっぱり良人と似ている。ニヤニヤ笑いながらおれの手を引いて個室に押し込むと、さっさとスラックスを下げておれにケツを向けてきた。
「あ」
 裸のケツを見せられたら、おれだって男なのだ、たまらなくなる。思わず撫でつけると、そのしっとりした肌の感触に驚いた。島根さんは毛深いからケツにも毛が生えているし、倉田のおじさんと比べてもまるで違う手触りなのだ。おじさんだって年の割にきれいなケツしてるんだけれど、紺野のケツは若いから吸いつくようなもち肌で、触れただけでなんだか熱いものがこみあげてくる。きっと七年前はもっとみずみずしいケツだったのだ。だけどあの頃はなんとも思わなかった。それが当たり前と思っていたから。だけど今はこの感触が男をどんな気分にさせるのかよくわかる……。
「いいケツしてるなあ」
 思わずため息ついて何度も撫で回してしまった。紺野は振り返って、まんざらでもなさそうにニヤニヤしながらおれをせかした。
「おじんみたいな触り方するんだな、君」
「悪かったな」
「じっくりしてくれるのもうれしいけど、あんまり時間かけるとやばいんじゃないか?」
 そうだった。島根さんだって、他のお偉いさんだって待たせているのだ。おれは紺野の頭をつかんでかがませた。
「う、乱暴だな、くそ、……んう」
 ほとんど強引にしゃぶらせた。そのくらいしてやった方がいいと思ったのだ。紺野は渋々といった顔でおれのを頬張った。だけどいったん口に入れると頬を赤くしてうっとりした表情を浮かべる。鼻息荒くしてたっぷりと唾をまぶすと口を離した。
「はあ、くわえてもでかいのがよくわかる。でもどうせなら後ろの口でくわえたいよ」
 口の周りを唾だらけにしたまま紺野が見上げていた。おれはムラムラきて、紺野を起こして壁に押しつけた。もちもちしてふっくらしたケツをもう一度撫で回し、尻たぶを左右に開く。赤黒いすぼまったケツの穴を見て、たまらず吸いついた。

★★★★★


不幸な事故を起こし、東京へ逃げた青年。
もう二度と鉄砲には触らないと決めていたはずが、銃砲店に勤めることになり、そこで知り合った客に誘われて射撃場へ。
猟師の祖父に仕込まれた腕と才能が青年を再び鉄砲と向き合わせる。

射撃をやりなさいと応援してくれた年上の紳士、地元のおじさん、県人会に勤める同い年の男、選手村で同部屋になった警察官、さまざまな男たちと関係を持ちながら、青年はついにオリンピックの晴れ舞台へ……。


ゲイ官能小説。
初出『ジーメン』。
三回連載だったものの中編。











[小玉オサム文庫] の【よし坊とおっちゃん2】


デジケット・コムにて配信はじまりました。


『よし坊とおっちゃん2』


田舎の旧家を舞台にした『よし坊とおっちゃん』の続編。

お抱え運転手の「おっちゃん」と男同士の関係を持っていた○学生のよし坊。
しかし父に秘密を知られ、おっちゃんは追い出されてしまった。

その後、父の会社は倒産し、父も死に、よし坊は母方の祖父の家に引き取られる。

○学生になったよし坊は祖父に折檻されてばかりな毎日を送っている。
尺八を強要され、執拗なまでに肛門を指でいじられる。
身勝手な祖父が憎いよし坊だったが、他に行く当てもなく……。

ある時、祖父の使いで出かけると、駅前で見覚えのある男と行き会う。
それはあの「おっちゃん」だった。



ハゲた祖父に性的な折檻を受ける○学生の物語。

孫の肛門に対する祖父の異常な執着心もみどころになってます。

書き下ろし作品。

せつなくも猥褻な少年愛ゲイ官能小説。



○学生男子が好きな方と、中年男性、また、精力はまだまだ衰えないドSな初老男性の好きな方に。






そして本日、新春けもケットでサークルHide&Seekの新刊が出ます。

場所はG-24

『BRUNO vol.4』
漫画、小説、イラスト本『BRUNO VIVA SPA!』

アリスブックス、デジケットなどでも販売されると思うので、
会場にお越しになれない方はそちらでよかったら。








夕べお風呂に入ったら、手の甲に何カ所も身に覚えのないかさぶたを発見。
年をとると怪我をしても気づかない場合がある、という話を思い出した。






Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューして27年目に入りました。ピンとこない。だけど鏡を見るとそこにはおじさんがいるから間違いないんだよね。保湿につとめていきたいと思います。

旧ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR