Latest Entries

『漂流』





アマゾンKindleストアにて配信はじまりました。


『漂流』



   ★★★★★

 父さんは首を激しく振ってお兄さんの手を振り払おうとしていた。なのにお兄さんはしつこく父さんの太股を撫でるように触っている。なんの話をしているんだろう? どうしてあんな風に触るんだろう? いやな感じがする。気持ちが悪い人だ。
「どうしてそうかたくななんです? このまま助けはこないかもしれない。だとしたら、いつまでも聖人でいられるはずもない。時間の問題ですよ」
「そんなことはない」
「じゃあどうしてさっきからずっとそこを押さえているんです? 隠したってだめですよ。オレが手と口で手伝うと言ってからずっと、親父さん、かたくしてるんでしょう?」
 ぎょっとしてしまった。突然、なんの話なのかすべてわかってしまったのだ。父さんはだめだだめだと繰り返していたけれど、お兄さんの手は父さんの太股を撫で続けていた。もちろん虫に刺されていない方の太股。毛深くて、汗で濡れて、脂で光っているたくましい太股を撫で回す。それを父さんは振り払えない。できないわけはないのに、ちゃんと振り払おうとしていない?
「触るな、触らないでくれ」
「感じてる証拠だ。こないだからずっと言ってるでしょう? 触られるだけなら男だって女だって一緒だ。我慢する必要なんかないんですよ。もしも明日救出されることになっても、すべて忘れてしまえばいいだけのこと」
 お兄さんは真面目な顔をしていた。父さんも真面目な顔をしていた。
「俺だってまだ四十なんだ、男なんだ、そんな風に触られたら誰だって、う」
「ね、ほら、気持ちがいいでしょう?」
 父さんはまだお兄さんの手をのけようとしていた。だけどその手に力は入っていない。お兄さんが指先でこそこそすると、パンツの窓から父さんのアレが飛び出してきた。あんなにかたくしている。それは一緒に温泉に行って何度も見たことのあるものだった。自衛隊の男は前を隠さない。だけど、あんな風になったところは初めて見た。あんなに大きく、太く、怒っているところは見たことがなかった……。そのうえそれはすごく汚れていた。
 きっとこの何日間か、ずっと父さんはあの人の誘惑を受けてきたのだ。お兄さんは男が好きなんだ。そう思いついても、不思議と違和感はなかった。もしかしたら、という疑惑はあったのかもしれない。そういえば飛行機の中でも、あの人は父さんのことをへんな目で見ていた。
「うっ、くっ、あ……」
「かたいんですね、それに太い。少し短いけど、そこがそそる」
 お兄さんが父さんのアレをしごいていた。溜まっていた滓がボロボロと落ちる。お兄さんはそれを丁寧に取り除き、くんであった清水で洗い流した。父さんはとても恥ずかしそうにしていた。だけどお兄さんが父さんの股の間に顔を寄せるのを、もはや止めようとはしなかった。

   ★★★★★




 飛行機事故に遭い、絶海の孤島に流れ着いた父と息子。そしてもう一人、生き残った青年。
 男三人で救助を待つが、水平線に船の姿はなく、空に飛行機の影もない。
 サバイバル生活が続く内に、青年が父を誘惑する。拒んでいた父もやがて男同士の関係を受け入れはじめ……。


 ゲイ官能SM小説。

 初出『Super SM-Z』。








昨日はコミックマーケットにて
サークルHide&Seekのケモノ本をお買い上げくださったみなさま、
ありがとうございます。



そして今日も委託で販売続いてますので、よかったらどうぞ。






『オレの横チンを見てくれ!』と『弁護士隈吉源三①&②』






アマゾンKindleストアにて配信始まりました。


『オレの横チンを見てくれ!』



   ★★★★★

「どうぞ」
 声をかけられていた。木の根元にしゃがみこんでいる男だった。オレはその声に身をすくませてしまった。
「ええと……、どうぞって、なにがですか?」
「だから、順番待ちしてたんでしょ? 舐めてあげるよ」
 背筋に鳥肌が立った。もうゾクゾクと。
「じ、自分、ホモじゃないんで」
「あ、初めての人? 大丈夫だよ、手と口なら男も女もないから」
「なに言ってるんスか……」
「でも、その格好はあやしいなあ」
「は?」
「隠さなくていいんだよ、ほんとはお仲間でしょ?」
「仲間?」
「だから、組合員ってこと。だってそんな露出の多い格好でうろつくなんて、普通、ホモでしょ?」
 なんでそうなるのかちっともわからなかった。
「いや、あの、ほんとに違うスよ、自分は見られたいから薄着してるだけで」
 言ってしまってから、しまったと思った。
「見られたい?」
「ええと……」
「もしかして、露出ってこと? 人に見られたくてそんな格好でうろうろしてるの?」
「まあ、そういうことス」
 どうしてだか、素直に認めてしまったのだった。相手がホモと思うからだろうか。ホモに隠し事してもしかたないと考えたのか。
「なるほどね、それならなんかわかる。そっか、そういうことかあ……、おもしろいね」
 男はジロジロと意地の悪い目つきでオレを見てきた。その目つきがなんだかやばかった。薄暗いなのに、気配でそういうのはよくわかってしまう。まるで遠慮がないというか、品定めするような目つきというか、……、なんだかウズウズしてきてしまった。
「だったらおれにも見せてよ?」
「あ」
「見られたいんだろ?」

   ★★★★★


 住宅街の中にあるごく普通の公園。
 家の中で煙草を吸わせてもらえない男たちがサンダルつっかけやってきてはニコチンを充填していく。
 煙草の火が強くなったり弱くなったり、よそから見ればホタルのよう……。

 連作「ホタルの交尾」シリーズの⑦。
 続き物ではなく、毎回読み切りの一話完結ですが、つながっている部分はあります。

 この第七話では、ノンケの露出男が主人公。
 昼間はやり手の営業マンとして評価の高いデキる男なのに、夜は誰かに見られたくてほとんど裸のランニングウエアでうろうろ。若くてかわいい女の子に見られるのが理想だが、やがて見られるだけなら誰でもいいと考えるようになり、ホモなら見られても通報されないと気づいて……。


 ゲイ官能小説。
 書き下ろし新作。








[小玉オサム文庫] の【弁護士隈吉源三(1)&(2)】


デジケット様にて配信始まりました。


『弁護士隈吉源三①&②』


弁護士隈吉源三

元医師の新米弁護士、隈吉源三は33才にして著名な法律事務所に就職する。事務所には高校時代の同級生高山雄治がいて、二人はコンビを組んで依頼人の抱える問題を解決していく。
背が高く二枚目で家柄もいい高山に、顔も体もずんぐりむっくりの隈吉はコンプレックスを抱くが、そんな隈吉に、高山はずっと好きだったとすがるように告白。性に奥手だった隈吉は、高山、そして事務所所長の大塚からも関係を迫られる。真剣な高山の想いから、隈吉は男同士の恋というものを少しずつ知っていく。
初出『月刊サムソン』のシリーズ第一弾。


弁護士隈吉源三(2)(前編・後編)

元医者の新米弁護士隈吉源三は張り切って仕事に取り組んでいた。しかし恋人の同僚弁護士高山雄治は最近妙によそよそしい。男同士の恋の世界に入りたての隈吉は戸惑うばかりで、なぜ高山にはねつけられるのかわからない。高山の元恋人である竹林弁護士の登場で、初めて嫉妬心を抱く隈吉だったが、弁護士事務所の所長、大塚やバーで出くわした見知らぬ男とも関係を持ってしまう……。
初出『月刊サムソン』のシリーズ第二弾。


こちらはKindleで配信しているものをまとめたバージョンで内容は一緒です。













今度の週末のコミックマーケットでケモノ本の新刊が出ます。

企画原案はHide&Seekさん
挿絵はエンボス先生
そして小説が僕です。

時間と場所はこちら。
8/12 東エ29a

また、8/13 日曜日 東ひ10a
道楽奇行(ドウラクキコウ)さまにて委託も。
(お世話になります。ありがとうございます)



(すいません、僕は行かない予定です。引きこもりだから…)






『痴漢してやる!』と『若い背中』





アマゾンKindleストアにて配信始まりました。


『痴漢してやる!』

   ★★★★★

 またもや帰りが終電になってしまった。飲んで遅くなったとかじゃなく、残業を片付けるのに手間取ったからだ。ぐったりしながら揺れにあわせて踏ん張っていると、すごくかわいい子が目の前に立っていることに気がついた。たぶんまだ学生の、ぴちぴちに若い奴。
 こういう奴こそいたずらしてやりたい。
 今夜は酒も入っていないのだ。なのにおれは強烈な欲望を感じていた。こういう、自分が男に求められるということ自体、考えたこともない若い男を、有無を言わせず触りまくりたい。嫌がっている相手を強引に感じさせたい……。
 だけどおれにも理性はある。そうそううまいこといくわけがないのだ。この間の痴漢の後、何度か混雑した電車の中で試そうとした。手の甲でケツとか股間を触るとこから始めようとしたのだ。だが、ビクッと激しく反応して体をよけられたり、手をどけろと言いたげな目でにらまれたり、あからさまに咳払いされたりして、あわてて手を引っ込めるというパターンの連続だった。
 いくら強引にしたいと思っていても、本当に強引にして殴られたり、つかまるのはゴメンだ。そうなるとそうそう成功するものじゃない。なにしろ相手は男なのだ。痴漢されて声も出せない女の子ってわけじゃないのだ。
 何かいい方法はないかなあ……?
 でもとにかく、試すだけは試さないとはじまらない。おれは目の前のぴちぴちの学生さんのケツにそっと手の甲を押しつけた。すると、ちょっと触ったとたんにヒクッと体を震わせた。それが、ただ迷惑そうな震え方とはまた違っていた。あれ、お仲間? でも、なんだかそんな感じでもない……。
 そこで気づいたのだ。彼の向こう側に、横を向いて立つ年輩の男がいるのだが、どこかで見覚えがあった。思わずじっと見てしまっていると、向こうも横目でちらっと見て、ニヤッと笑って見せた。ロマンスグレーの渋い感じなのに、スケベな笑い方するおっさんだった。
 あ、こないだ痴漢した時にそばにいた……。
 不思議と予感があったのだ。電車が大きく揺れた時、おれはさりげなく立ち位置を変えて、学生さんの前を覗き込んだ。そこにはすでに、そのロマンスグレーの年輩男の手がそえられていた。
 おれは息を飲んで学生さんの顔を見据えた。向こうは目をあわせようともしない。オドオドしていた。その様子からして、やっぱりノンケだとわかった。たとえ経験のない奴だったとしても、ホモだったらこんな感じにはならない。
 こいつ、本気でビビッてる……?
 ノンケだったら当然だ。なにしろ自分の親くらい年上のオヤジにちんぽ触られてるとこに、もう一人、ケツまで撫でてくる痴漢があらわれたのだから。
 さすがに、いいのかな?と思った。酒が入ってないから理性も働いて、こんなことしちゃまずいとも思った。こんな若い、なんにも知らないような奴なんだから、たすけてやるべきかも、とも。
 しかしロマンスグレーはおれと目をあわせながらうなずいてみせたのだ。それは明らかに、一緒にどうぞ、という意味だった。
 マジで?
 でも、こんなウブそうな奴を二人がかりでなんて、このオヤジ、鬼畜だ。
「あ」
 いろいろ考えてはいたのだ。悩んでいた。なのに手が勝手に動いていた。決心がまだつかないのに、おれの手は学生さんのケツを撫で上げて、谷間に指を這わせていた。むっちりした肉を割って穴とおぼしき場所をこすりあげてやると、学生さん、かわいい顔を情けない感じに歪ませてみせた。
 この顔、そそる……。
 おれはゾクゾクしていた。今まで感じたことのない興奮で全身に鳥肌がたった。やっぱりそうだ、とおれは自分に確認していた。やっぱりこういうことがしたかったのだ!

   ★★★★★




 ノンケ男に痴漢したい願望のあったゲイの男。それでも理性を働かせて、ほんとにはできないと思い込んでいた。
 しかし恋人にフラれ、ひどく酔った夜に勢いに任せて手をのばしてしまう……。

 同じ男に求められるなどと考えたこともない、ビビったノンケ男たちに好き放題するお話です。

 ゲイ官能小説。
 初出『ジーメン』(『SM-Z』だったかもしれません)。


 原稿用紙にして112枚の大ボリューム痴漢小説。
















ゲイ雑誌Badi(バディ) 2017年9月号 に僕の小説が掲載されています。

タイトルは『若い背中』。

挿絵は晃次郎先生です。


兄貴系リーマンが年下のムキムキ解体業者とデキるんだけど実は……。
エロ&ドラマチック&ロマンチックなお話。









予告。

来月のコミックマーケットでケモノ小説の第三弾が出る予定です。
くわしくはまた。





『添乗員が同行いたします』






アマゾンKindleストアにて配信がはじまりました。


『添乗員が同行いたします』


   ★★★★★

 その夜、ホテルに案内されて驚いた。うちの家族に用意された部屋がこれ以上ないってくらいに狭いのだ。その上、三人で寝るためのエクストラベッドが入っていない。というより、こんなに狭いと入れようがなかった。女房も娘もカンカンで、俺はすぐに添乗員の梅沢を呼びだした。
「おい、どうなってんだよ、この部屋は?」
「それがその……」
 梅沢はホテルの人間を横に連れていた。部屋の前の廊下で俺たちは話し込んでいた。
「すいません、ホテルの人の話だと、今夜は満室で他に部屋がないらしくて」
「はあ? こっちは金払ってんだぞ」
「す、すいません、なので、相部屋で我慢していただくくらいしか方法が……」
「ふざけるな、今から別のホテルとればいい」
「それはできないんです、本社から言われてまして、すいません、この分の埋め合わせはさせていただきますので、今夜だけはなんとか……」
 梅沢は今にも泣きそうな顔でペコペコ頭を下げていた。その仕草にはかなりそそられたが、それとこれとは話が別だ。しかしこうなったら仕方がない。
「まったく、しょうがない。で、どうすればいいんだ?」
「娘さんか奥様に女性一人で参加してらっしゃる方の部屋で寝ていただくか……」
 梅沢が言いかけている間から、部屋の中で女房と娘がブルブルと首を横に振っていた。
「絶対に嫌!」
「で、でしたら、お父様に私と一緒の部屋で寝ていただくしかないんですが……」
 こいつとか? 思わずにらみつけてやったが、もちろん内心は違うことを考えていた。ついてる、少なくとも、風呂上がりの裸くらい拝めそうだ。
「わかったわかった、しょうがない。でもな、こんなのは今夜だけだぞ?」
「あ、ありがとうございます、こんなミスはもう二度とないよう心がけますから」
「とにかくいいから、はやいとこ部屋に案内してくれ」
「は、はい」
 女房から歯ブラシと下着だけ受け取って梅沢についていった。梅沢の部屋はさらに狭い造りだったが、とにかくベッドは二つある。ま、そんなことはどうでもいいのだ。なにしろ至れり尽くせりだったのだから。部屋に案内されると、梅沢は自分用に買ってきたらしいビールを差し出してきて、センベエやら梅干しやらつまみまで用意してくれた。風呂は熱いのに入れてくれるし、よほどうちの女どもより気がきくのだ。汗を拭いてガウン姿でまたビールを飲み出したところで、梅沢が言った。
「では、失礼して私もお風呂に……」
「あ、ちょっと待て」
「はい?」
「風呂浴びちゃう前に、もうひとつ聞いて欲しい頼みがあるんだよな」
「なんです?」
 俺はニヤニヤと笑ってやった。その時まではほんの冗談のつもりだったのだ。酒の勢いもあった。だが、まるでわかっていない様子の梅沢の緊張したかわいい顔を見て、かえって気恥ずかしくなってきた。
「あのな、そのう……、ちょっとこっちきてくれ」
「は、はい?」
「あのな、」
 梅沢の腕をとって隣に座らせた。俺はベッドの上に足投げ出していたし、風呂浴びて酒飲んで気持ちがゆるんでいた。そのうえ、一日せっせとツアー客の世話を見て汗かいた若い男の匂いが、ムワムワと鼻の前に漂っているのだ。梅沢の奴、ビビった顔には脂が浮いてテカっているが、頬っぺたは赤くて柔らかそうに膨らんでいる。日頃、自由に遊べていない俺みたいな親父には刺激が強かった。
「ちょっとだけだ、ゆるせよ、おい」
「えっ、うわっ、な、なにを、」
「いいからちょっとだけ、な、んー」
「うわ、んんっ!」
 かわいい顔を抱え込んでつやつやの唇を吸ってやった。我ながら大胆だとは思った。相手はノンケなのだ。それを強引にやろうというのだから。唇割って舌を突っ込んでやろうとしていると、梅沢はベッドの上で後退りうまく逃げ出しやがった。
「か、かんべんしてください、冗談が過ぎますよ」
「添乗員と同じ部屋で我慢してやってんだぞ、このくらいサービスしろ」
「サービスって、本気なんですか?」
「どう思う?」
 梅沢は俺の顔をまじまじと見据えて、額に冷汗まで浮かべやがった。
「オ、オレはその、そういう趣味は……」
「だからだ、おかしなことはしないから安心しろってことさ。オカマ掘ったりしないから。気持ちいいことしてやるだけだ。俺はもう年だからな、若い男が感じる感じるって喘ぐとこ見られればそれでいいんだよ。なあ、可愛がってやるだけなんだ、サービスするのは俺の方だ、だからさ、いいだろ」

   ★★★★★



 女房娘と参加したヨーロッパ観光ツアー。
 主人公の土建屋中年親父はスケベ丸出しで、ノンケのぽっちゃり添乗員にセクハラの限りを尽くす。


 ゲイ官能小説。

 初出『ジーメン』。










犬極道Ⅳ差し替えのおしらせとお詫び



お伝えしていたとおり、
『犬極道Ⅳ』Kindle版ですが、
配信をはじめた直後(7月7日お昼前後)に挿絵の表示に不具合があることが判明し、
数時間で配信をいったん停止しました。

その後、問題のないバージョンに差し替えて配信を再開しています(翌週後半)。

はじめの配信直後に購入してくださった方がお二人いらっしゃることがわかっています。


アマゾン側から今回の件に関してどう対応するか返事がいただけたので、
おしらせします。


はじめの不具合があるバージョンをお買い上げくださった方は
アマゾンのサイト上で「コンテンツと端末の管理」ページから最新版に更新できます。

www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/manage


こちらのページで「アップデートがあります」をクリックすることで、
本のコンテンツを更新できます。

今回の変更についてはアマゾン側から読者さまへのメール連絡はないとのことです。

たいへんお手数ですが、更新をお願いします。


なお、「コンテンツと端末の管理」の「設定」タブで、
「本の自動更新 (Whispersync for Books)」の設定が「オン」になっている場合には、
新しいバージョンが自動で送信されるとのことです


ご迷惑をおかけしました。



本当に申し訳ございません。



Appendix

プロフィール

osamukodama

Author:osamukodama
小玉オサム
今は亡き『さぶ』でデビューしてなんと26年目! ゲイ雑誌各誌に小説をのせてもらって四半世紀経ったということ。いつのまにか休刊した雑誌の方がずっと多くなってしまい……。時代……。この間、鏡を見たら耳から盛大に耳毛が飛び出していた! 時代……。

旧ブログ http://kodamaosamu.blog48.fc2.com/
リンク欄にリンク張ってあります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR